ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

歌劇「ワリー」より“さようなら、ふるさとの家よ”(カタラーニ)

 アルフレード・カタラーニ(Alfredo Catalani, 1854-1893)はイタリアのオペラ作曲家です。ヴェルディやプッチーニと同時代に生きましたが、惜しくも若くして亡くなりました。
 
 今日なお知られている彼の作品に、オペラ「ワリー」(La Wally)があります。死の前年、1892年にイタリア・ミラノで初演されました。1800年頃のチロル地方を舞台とする、全4幕の恋愛悲劇オペラです。富裕な地主の娘ワリーは、狩人ハーゲンバッハに惹かれますが、父親はワリーを執事ゲルナーと結婚させようとします。ワリーはハーゲンバッハと激しく愛し合いますが、二人とも雪の山道で非業の死を遂げます。

 本日は、このオペラの最も有名なアリア「さようなら、ふるさとの家よ」(Ebben? Ne andrò lontana)をお送りします。第1幕において、愛する人と一緒になるために家を出る決意をしたワリーが歌うアリアです。情緒的旋律で大変人気があり、ソプラノ歌手によって単独で歌われることの多い曲です。曲名は知らなくても、どこかで聴いたことがあるでしょう。
Ebben・・・?                       それなら・・・?
Ne andrò lontana,                 私はここから遠いところに行きましょう       
come va l'echo della pia campagna,   聖なる鐘のこだまがあの白い雪の間に
là, fra la neve Bianca,              あの黄金色の雲の間に
là, fra le nubi d'or,                流れていくように。
laddove la speranza,              そこでは、希望も
è rimpianto, è dolor!              嘆きとも苦しみともなるでしょう!

O della madre mia casa gioconda,    楽しかった母の家よ、
la Wally ne anrdà da te lontana assai,  ワリーはお前から離れて遠くに行くでしょう
e forse a te non farà,             そしてきっと、二度とお前のもとに
mai più ritorno,                  帰ってくることはないでしょう。
ne più la rivedrai!                お前も二度と私の姿を見ることはないでしょう
Mai più, mai più!                 決してないでしょう、決してないでしょう!

Ne andrò sola e lontana,      私はたった一人で、ここから遠いところに行きましょう
come l'eco della pia campagna...    聖なる鐘のこだまが
là, fra la neve bianca;            あの白い雪の間に流れていくように
Ne andrò solae lontana,          ここから遠いところに、たった一人で行きましょう
E fra le nubi d'or・・・!             あの黄金色の雲の間に・・・!

 映像は、20世紀最高のソプラノ歌手と言われたマリア・カラス(Maria Callas、1923-1977)による歌唱の録音です。(0:46前後からお聞き下さい)

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 カタラーニ:ワリー 全曲(試聴可能)
 モンテ・カルロ国立歌劇場管弦楽団による全曲演奏のCD。この歌劇の代表的な録音。「さようなら、ふるさとの家よ」の歌唱は、20世紀後半のイタリアオペラを代表するソプラノ歌手レナータ・テバルディ(1922-2004)による。
 ベスト・マリア・カラス100
 マリア・カラスのオペラの名唱を100曲収録。「さようなら、故郷の家よ」ほか、「連隊の娘」「蝶々夫人」など。
 ソプラノ・アリア名曲集
 レナータ・テバルディによる、有名オペラアリア全27曲の歌唱を収録。「さようなら、故郷の家よ」ほか、プッチーニの「蝶々夫人」より“ある晴れた日に” など。
【おすすめ楽譜】
 Anthology of Italian Opera
 ソプラノ用のイタリアオペラ曲集。「ワリー」の“さようなら、ふるさとの家よ”ほか、「ジュリアス・シーザー」の“この胸に息のある限り”、「蝶々夫人」の“ある晴れた日に”など有名なアリアを収録。

[PR]
by asapykadan | 2010-01-31 16:32 | オペラ・アリア