ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

野薔薇(山田耕筰)

 本日は、日本歌曲「野薔薇」をご紹介します。

 
野ばら
野ばら
蝦夷地(えぞち)の野ばら
人こそ知らね
あふれさく
いろもうるはし
野のうばら
蝦夷地の野ばら

野ばら
野ばら
かしこき野ばら
神の御旨(みむね)を
あやまたぬ
曠野(あらの)の花に
知る教(おしえ)
かしこき野ばら

 「人こそ知らね」=人に知られず
 「うばら」=茨(いばら)、とげのある小木、野生のバラ。
 「神の御旨をあやまたぬ」=神の御心に背かない

 作詞者は、近代日本を代表する詩人の三木露風(みき・ろふう、1889-1964)です。
 露風は1916~1924年の間、北海道上磯町(現・北斗市)のトラピスト修道院で文学講師を務め、その間に洗礼を受けてカトリック教徒となりました。
c0191149_22403980.jpg 1917年(大正6年)の7月、三度目のトラピスト修道院訪問の途中、函館で院長と出会って一緒に山を越えました。その折りに道端で見た薔薇のことを書いたのが、上記の「賢き野ばら」の詩です。
 なお、露風が見た「野ばら」とは、北海道を代表するバラ科の花「ハマナス」(=写真)のことです。
 露風はこの詩を絵葉書に書いて山田耕筰に送り、耕筰が曲をつけて歌曲となりました。

 前奏の節分音は、汀にたゆたうさざ波の音を模しています。歌が始まると伴奏のさざ波のゆらぎが徐々に大きくなり、ついに大きな力となって汀に迫り来るような旋律となります。それからまた小さなゆらぎとなり、祈るような心境で歌い結びます。
 人に見られることもないのに、神の御心に沿って、荒れた野で、色美しく咲く…そんな野薔薇の姿を見ると、神の教えを知ったような気がして心洗われる…。静かで透明感のある、敬虔な祈りの歌です。

 映像は2010年のもので、ソプラノ歌手の小玉まことさんによる歌唱です。

  
【おすすめ録音】
 赤とんぼ 山田耕作作品集
 「野薔薇」ほか、「この道」「赤とんぼ」など、山田耕筰の代表的な歌曲を全58曲収録した2枚組CD。
 この道~山田耕作作品集
 ソプラノ歌手・藍川由美のソロCD。山田耕筰の原譜に立ち返り、作品の本来あるべき姿を研究して忠実に反映させた歌唱。他の歌手の歌唱を聴き慣れた人には違う曲に聞こえるほどである。「野薔薇」ほか、「赤とんぼ」「ペチカ」「砂山」など、山田耕筰の有名歌曲を24曲収録。
 野薔薇(試聴可能)
 MP3ダウンロード。バリトン歌手・山本健二さんの歌唱の録音。
【おすすめ楽譜】
 最新日本歌曲選集 日本歌曲名歌集(原調版) (最新・日本歌曲選集)
 山田耕筰「野薔薇」「かやの木山の」、瀧廉太郎「花」「荒城の月」など、日本歌曲の代表的な作品を68曲収録した楽譜。
 最新日本歌曲選集 山田耕作歌曲集(1) (最新・日本歌曲選集)
 「野薔薇」ほか、「からたちの花」「鐘が鳴ります」など、山田耕筰の代表的な歌曲を27曲収録した楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2012-08-31 22:30 | 日本歌曲