ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

歌劇「愛の妙薬」より“人知れぬ涙”(ドニゼッティ)

 ガエターノ・ドニゼッティ(Gaetano Donizetti, 1797-1848)は、イタリア北部ベルガモ出身の作曲家です。ジョアキーノ・ロッシーニやヴィンチェンツォ・ベッリーニと並んで19世紀前半のイタリアを代表するオペラ作曲家として人気を博しました。

 ドニゼッティは生涯に約70曲のオペラを作曲しました。その中でも人気が高く、現在でもよく上演される作品の1つが「愛の妙薬」(L'elisir d'amore)です。1832年にミラノで初演された喜劇作品で、全2幕から成ります。
【あらすじ】
 舞台はスペインのバスク地方。村一番の美女・アディーナに思いを寄せる若者ネモリーノは、インチキ薬売りのドゥルカマーラから「飲めばたちまち恋が成就する妙薬」(実はただのワイン)を買って飲むがうまくいかない。アディーナは軍曹ベルコーレと婚約してしまう。
 事態打開を図るネモリーノは、さらに「妙薬」を求めるが金が無い。仕方なくベルコーレの軍隊に入り、給与を前借りして「妙薬」を購入。するとネモリーノが突如伯父の遺産を相続することになり、アディーナを除く村の娘達は玉の輿を狙ってネモリーノに接近する。
 アディーナは、村の娘たちに囲まれるネモリーノを見て嫉妬を感じる。そしてネモリーノが自分を得るために軍隊に入ったと知って心を打たれ、自分が愛しているのはネモリーノだと悟る。かくしてめでたく二人は結ばれ、一同は「妙薬」の効能を称賛する。

 本日はこのオペラ作品の中から、人気の高いアリア「人知れぬ涙」(Una furtiva lagrima)をご紹介します。第2幕において、ネモリーノがアディーナを想って歌う、美しく切ないアリアです。ゆったりした木訥な旋律で、スペインらしい異国情緒が漂います。
Una furtiva lagrima      人知れぬ涙が
Negli occhi suoi spuntò:  彼女の目ににじみ出たぞ
Quelle festose giovani   あの陽気な娘達を
invidiar sembrò:       うらやんでいるように見えた
Che più cercando io vo?  これ以上俺は何を捜そうと言うんだ?
M'ama! Sì, m'ama,      俺を愛している、そうだ、俺を愛しているぞ
lo vedo. Lo vedo.       わかった、わかった

Un solo instante i palpiti  たちまちに
Del suo bel cor sentir!   彼女の美しい心のときめきを聞くとは!
I miei sospir, confondere 俺の吐息と彼女の吐息とが
per poco a' suoi sospir!  しばらくの間混ざり合ったのだ!
Cielo! Si può morir!     神様、死んでもいい!
Di più non chiedo.      これ以上求めません。
Si può morir d'amor.    愛のために死んでもいい。

 映像は、メキシコ人のテノール歌手ロランド・ヴィラゾン(Rolando Villazon、1972-)による歌唱の模様です。

 

【おすすめ!】
 ドニゼッティ:歌劇「愛の妙薬」全曲 [DVD]
 2005年ウィーン国立歌劇場でロランド・ヴィラゾンが公演した歌劇「愛の妙薬」の模様を収録したDVD。共演のアンナ・ネトレプコと共に圧倒的な歌唱力と見事な演技で舞台を盛り上げる。アンコールに再度歌われた「人知れぬ涙」の迫力は一見の価値あり。
 人知れぬ涙 アントニーノ・シラグーザ オペラ・アリア集(試聴可能)
 イタリアのテノールの新星、アントニーノ・シラグーザのオペラ・アリアのアルバムCD。ドニゼッティの「人知れぬ涙」など、主要なオペラ・アリア12曲を収録。
 L'elisir d'amore / Act 2 - "Una furtiva lagrima"(試聴可能)
 MP3ダウンロード。世界三大テノールの一人、ルキアーノ・パヴァロッティによる「人知れぬ涙」の歌唱。

[PR]
by asapykadan | 2013-07-14 12:55 | オペラ・アリア