ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

ボレロ(ラヴェル)

 モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel、1875-1937)はバスク系フランス人の作曲家です。パリ音楽院に学び、作曲をガブリエル・フォーレに師事しました。
 一般的にはドビュッシーとともに印象主義の作曲家とされますが、古典主義的な傾向も見られます。ピアノ曲、管弦楽曲、バレエ音楽、歌曲など広範囲なジャンルの作品を遺し、有名な作品には、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」「ボレロ」、管弦楽曲「スペイン狂詩曲」、ムソルグスキーのピアノ曲「展覧会の絵」の管弦楽編曲などがあります。
 ラヴェルは生前すでに世界的な作曲家としての地位を確立していましたが、晩年は記憶障害に苦しみ、優れた曲の着想がありながら書き留めることができず、未完・断片に終わってしまったものが多くあります。

 本日は、ラヴェルの最も有名な曲であり、最後のバレエ音楽である「ボレロ」(Boléro)をご紹介します。
 この曲は、舞踏家イダ・ルビンシュタイン女史からの委嘱により作曲されました。当初の委嘱の条件は、スペインの作曲家アルベニスのピアノ曲「イベリア」を管弦楽編曲するというものでしたが、他の作曲家に編曲の権利を取られたため、やむなく一から曲を作り上げました。
 「ボレロ」はスペインの民族舞踏の一つです。4分の3拍子、中庸の速度で、多くはカスタネットでリズムをとります。ラヴェルはこれを、一つの主題とそれに呼応する副主題を一定の速度で、リズムも調性も変化させず、少しずつ音量を上げながら19回繰り返すという、音楽史上稀に見る個性的な作品に仕上げました。
 初演は1928年、イダ・ルビンシュタインのバレエ団によってパリ・オペラ座で行われました。その後、世界中のオーケストラが競って演奏する人気作品となりました。

 映像は、ヴァレリー・アビサロヴィチ・ゲルギエフ (Valery Abisalovich Gergiev)の指揮による演奏の模様です。

 

【おすすめ!】
 ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集(試聴可能)
 「ボレロ」ほか、「スペイン狂詩曲」「ダフニスとクロエ」など、ラヴェルの有名管弦楽曲作品を収録したCD。シャルル・デュトワ指揮、モントリオール交響楽団による演奏。
 ラヴェル:ボレロ(試聴可能)
 MP3ダウンロード。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団による演奏。
 オイレンブルクスコア ラヴェル ボレロ (オイレンブルク・スコア)
 「ボレロ」のスコア(総譜)。

[PR]
by asapykadan | 2013-07-15 14:08 | 管弦楽曲