ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

トッカータとフーガ ニ短調 BWV565(J.S.バッハ)

 トッカータ(toccata)は、イタリア語の「触れる(Toccare)」が語源であり、オルガン等の鍵盤楽器の手鍵盤に触れて試し弾きをするというのが本来の意味です。転じて、鍵盤楽器の試し弾きのような、即興的で技巧的な作品を表すのに使われます。

 数多いトッカータ作品の中でも圧倒的に有名な曲が、「音楽の父」ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750) の作品「トッカータとフーガ ニ短調」(Toccata and Fugue in D Minor)BWV565です。本日はこれをご紹介します。
 この曲は演奏時間が10分前後、そのうち冒頭のトッカータ部分が約3分で、重厚で強烈な印象のある、誰でも知っているであろう有名な旋律です。バラエティ番組において悲劇をパロディ的に表現する場合などにもよく使われます。
 ただしこの曲、有名で良く演奏されるものの、他のバッハの作品にはない特徴があるほか、バッハの自筆譜が残っていないことなどから、実はバッハの作ではないという説や、元はバッハがバイオリン曲として作曲したものを後世の音楽家がオルガン曲に編曲したものとする説などがあります。

 映像は、ドイツの指揮者でオルガン・チェンバロの奏者でもあったカール・リヒター(Karl Richter, 1926-1981)による演奏の模様です。

  
【おすすめ!】
 トッカータとフーガ / バッハ : オルガン作品集(試聴可能)
 フランスの女性オルガニスト、マリー=クレール・アラン(Marie-Claire Alain, 1926-2013)のアルバム。「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」など、バッハの有名オルガン曲を11曲収録。
 ピアノピースー355 トッカータとフーガニ短調
 ピアノ用の楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2013-09-15 00:49 | 独奏曲