ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2009年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 「冬の旅」(Winterreise)D911, Op.89は、オーストリアの“歌曲王”フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)が死の前年の1827年に作曲した連作歌曲集です。歌詞はドイツの詩人ミュラーの詩集によるもので、全2部計24曲で構成されています。
 失恋した若者が街を捨ててさすらいの旅を続けます。全曲を通して絶望感と失われたものへの憧れに満ちていて、唯一の慰めである「死」を求めながら旅を続けます。

 この曲を作った頃のシューベルトはすでに健康状態が悪化し、経済的にも困窮していました。絶望感に打ちひしがれ、死について考え始めました。尊敬するベートーヴェンの死も大きな打撃となりました。この曲で描かれている絶望の中で生き続ける若者は、シューベルト自身の姿でもあります。シューベルトは最初に前半12曲を完成させ、友人たちに披露しましたが、あまりの内容の暗さに彼らも驚愕したとされます。

 本日お送りするのは第2部冒頭の曲「郵便馬車」(Die Post)です。別れた恋人や捨ててきた街を忘れることが出来ない若者の痛切な心を歌います。
Von der Straße her ein Posthorn klingt.
Was hat es, daß es so hoch aufspringt, Mein Herz?
 通りの方から郵便馬車のラッパが鳴り響く。
 どうしてそんなに高鳴るんだ、僕の心よ?
Die Post bringt keinen Brief für dich.
Was drängst du denn so wunderlich, Mein Herz?
 あの郵便馬車はおまえに何の手紙も持ってこないぞ。
 なのにどうしてそれほど変に急かすんだ、僕の心よ?
Nun ja, die Post kommt aus der Stadt,
Wo ich ein liebes Liebchen hatt', Mein Herz!
 そうだ、あの郵便馬車はあの街から来たんだ、
 僕が恋人を愛したあの街から。僕の心よ!
Willst wohl einmal hinüber sehn
Und fragen, wie es dort mag gehn, Mein Herz?
 きっとあっちの方を見て
 あの街がどんな様子なのか尋ねたいんだろ、僕の心よ?

 映像は、ドイツのバリトン歌手ヘルマン・プライ(Hermann Prey, 1929-1998)による歌唱です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 シューベルト:歌曲集「冬の旅」全曲
 録音史上最も傑出した歌手とされるドイツのバリトン歌手、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ (Dietrich Fischer-Dieskau, 1925-)による「冬の旅」全曲歌唱。淡々とした歌いっぷりの名録音。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-28 15:58 | ドイツ歌曲
 交響曲第5番ハ短調作品67は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770-1827)が作曲した5番目の交響曲です。1808年にウィーンにて初演されました。
 この曲は、ベートーヴェンの作品中でも形式美・構成力において非常に高い評価を得ており、ベートーヴェンの創作活動の頂点の一つと言えます。ベートーヴェンの交響曲の中でも最も緻密に設計された作品であり、その主題展開の技法や「暗から明へ」というドラマチックな楽曲構成は、後世の作曲家に模範とされました。

 日本では一般に「運命」と呼ばれ、最も有名なクラシック楽曲の1つです。あの「ダダダダーン」という、第1楽章で繰り返し出てくる有名な動機は、誰でも聴いたことがあるでしょう。
 しかしこの「運命」は通称であって正式な題名ではなく、世界的にもそのように呼ばれることは多くありません。この通称は、ベートーヴェンの弟子シントラーの「冒頭の4つの音(「ダダダダーン」の音)は何を表すのか」という質問に対し「運命はこのように扉をたたく」とベートーヴェンが答えたことに由来すると言われます。しかしこのシントラーの発言は必ずしもこの作品の本質を表しておらず、「運命」という名称は本当は適当ではありません。

 映像は、カルロス・クライバーの指揮による、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏による第1楽章です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ】
 ベートーヴェン : 交響曲第5番ハ短調<運命>(CD)
 ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
 ベートーベン 交響曲第5番 ハ短調 作品67「運命」 (Zen‐on score)
 「運命」のスコア(総譜)。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-25 20:32 | 管弦楽曲
 アヴェ・マリア(Ave Maria)は、「マリアに幸あれ」を意味するラテン語です。転じて、この一文に始まるカトリック教会の聖母マリアへの祈祷(天使祝詞)を指します。
 この祈祷のための教会音楽や、祈祷文を歌詞にした声楽作品がたくさんあります。有名なものではグノー(&J.S.バッハ)やヴェルディのものなど。また、シューベルトの曲のように、元は世俗曲でしたが後に「アヴェ・マリア」として通用するようになったものもあります。

 本日お送りするアヴェ・マリアは、イタリアの作曲家ジュリオ・カッチーニ(Giulio Caccini, 1545頃-1618)の作とされるものです。歌詞はただ“Ave Maria”を繰り返すだけで、非常に単純で親しみやすい歌です。
 しかしこの曲、録音も楽譜も1990年代前半まで全く知られていなかったにもかかわらず、90年代後半に突如大ブレークし、世界中で知られるようになったという奇妙な作品です。曲の様式も、カッチーニの生きたバロック時代のものとは全く異なります。
 現在ではこの曲はカッチーニの作ではなく、ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov 1925-73)が自作を古典作曲家の名前を借りて発表したものとする説が有力です。

 映像は、ベラルーシ出身のカウンターテナー、スラヴァ(SLAVA、Слава、1964-)による歌唱です。彼の録音によって、この曲は世界中で一躍有名となりました。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ave maria
 カッチーニほかグノー&バッハ、ヴェルディ、シューベルトなど、12人の作曲家によるAve Mariaを歌ったスラヴァのソロCD。スラヴァの日本におけるデビューアルバムで30万枚を超えたヒット作。
 ピアノ&コーラスピース アヴェマリア/カッチーニ (ピアノ&コーラス・ピース)
 人気曲であるカッチーニ「アヴェ・マリア」の楽譜。アカペラ混声四部合唱・独唱ピアノ伴奏・ピアノ独奏の各バージョンの楽譜を収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-23 21:33 | イタリア歌曲
 フレデリック・フランソワ・ショパン (Frédéric François Chopin, 1810-1849)はポーランドの作曲家・ピアニストです。ピアノ独奏曲を多く作曲し、さまざまな様式や美しい旋律等によって新しいピアノ表現を開拓したことから、「ピアノの詩人」と呼ばれています。
 彼のピアノ曲は今日なお良く知られていて、ピアノ演奏会において取り上げられることの最も多い作曲家の一人です。

 本日は、ショパンの幾多のピアノ独奏曲のうち、「華麗なる大円舞曲」変ホ長調op.18をお送りします。1833年に作曲された、彼の最初のワルツ作品です。
 華やかなファンファーレの後に主題が始まる、舞踏会用の実用的なワルツです。ショパンは本来、この曲のような表面的な華やかさを嫌う作曲方針でした。しかし当時の社交界で人気作曲家としてやっていくためにはきらびやかな曲を作らなくてはなりませんでした。
 この曲は出版後たちまち大人気となりましたが、ショパン自身はこの曲が好きではなかったようで、演奏会終了後帰宅してから荒れ狂うようにピアノを弾いたと言われています。

 映像は、名ピアニストでもあったロシアの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフが演奏した貴重な録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ショパン:ワルツ集
 「華麗なる大円舞曲」「小犬のワルツ」など、ショパンのワルツを17曲収録したCD。ピアノはフランス人のジャン=マルク・ルイサダ。
 ピアノピースー128 華麗なる大円舞曲/ショパン
 「華麗なる大円舞曲」の楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-22 13:20 | 独奏曲
 「音楽の父」J.S.バッハ(1685-1750)は幾多の教会音楽を作曲しましたが、特にライプツィヒの聖トーマス教会の音楽監督であった初期数年間には、毎日曜日の礼拝のためにカンタータ(ルター派教会の礼拝音楽)をほぼ毎週(年間50~60曲)作曲・上演しました。

 バッハはどの作曲家よりも深く聖書を読んでいて、その神学的素養と知識が曲にも反映されています。一方で曲は深い人間的な感情にも満ち、聴く者に慰めを与えてくれます。
 また、バッハの時代には市民階級が台頭し、貴族の特権であった芸術音楽を一般市民も求めるようになりました。彼らには王侯貴族ほどの財力は無かったので、教会において音楽を楽しみました。バッハの教会カンタータは、そのような場で演奏・鑑賞されたものです。
 従ってバッハのカンタータは、「教会音楽」であると同時に「セミ・オペラ」でもありました。聴き手を飽きさせず楽しませるために、合唱と独唱を連ねたもの、独唱だけのもの、独唱に器楽楽章を加えたものなど、さまざまな様式を用いています。

 本日お送りするのは、1726年7月28日の日曜礼拝のために作られた第170番(BWV170)です。5つのアルト独唱曲から成り、1曲目はアリア「満ち足れる安らい、うれしき魂の喜びよ」(Vergnügte Ruh, beliebte Seelenlust)です。穏やかで心安らぐ名曲です。
Vergnügte Ruh, beliebte Seelenlust,
Dich kann man nicht bei Höllensünden,
Wohl aber Himmelseintracht finden;
Du stärkst allein die schwache Brust.
Drum sollen lauter Tugendgaben
In meinem Herzen Wohnung haben.
 満ち足りた安らぎ、好ましい魂の喜びよ。
 あなたを見出すことができるのは、地獄の罪の下ではなく、
 天上の和合においてです。
 あなただけが、この弱い胸を強くしてくださいます。
 ならば、徳の賜物のみが、私の心に住まいを得ますように。

 映像は、ドイツのカウンターテナー、アンドレアス・ショル(Andreas Scholl)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 バッハ:アルトのためのソロ・カンタータ集
 フィンランドのメゾソプラノ歌手モニカ・グロープのソロCD。バッハのアルト独唱カンタータを170番ほか3曲収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-21 15:56 | その他声楽曲・歌曲
 歌劇「ルスランとリュドミラ」(Ruslan and Lyudmila, Руслан и Людмила)は、近代ロシア音楽の父と呼ばれる大作曲家、ミハイル・イヴァノヴィチ・グリンカ(Mikhail Ivanovich Glinka, 1804-1857)が作曲したオペラです。ロシアの詩人であるアレクサンドル・プーシキンの同名の叙事詩を原作とし、1842年にサンクトペテルブルクにて初演されました。

 舞台は中世のロシアで、悪魔に連れ去られたキエフ大公の娘リュドミラが、かねてから思いを寄せていた騎士ルスランによって救い出され、めでたく結婚するという物語です。
 詳細なあらすじ・登場人物はこちら

 本日は、このオペラの音楽のうち最も親しまれている「序曲」をお送りします。オーケストラでアンコール曲とされるなど、単独で演奏されることも多い曲です。民族色豊かな躍動感あふれるこの曲は、オペラの最後の場面の音楽を元にしており、輝かしいフィナーレを暗示しています。

 映像は、クリヴィヌ指揮、フランス国立リヨン管弦楽団による演奏の模様です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 はげ山の一夜/ロシア名曲集
 「ルスランとリュドミラ」序曲ほか、交響詩「はげ山の一夜」「中央アジアの草原にて」など、ロシア音楽の名曲を収録したCD。
 グリンカ オペラ《ルスランとリュドミーラ》序曲 (オイレンブルク・スコア)
 「ルスランとリュドミラ」序曲のスコア(総譜)。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-17 23:08 | 管弦楽曲
 本日は、イタリア歌曲「カロ・ミオ・ベン」(Caro mio ben)をお送りします。
 

 イタリア・ナポリの作曲家であるジュゼッペ・ジョルダーニ(Giuseppe Giordani、1751-1798)の作品です。フェルモの大聖堂の楽長をつとめ、オペラを多数作曲しましたが、現在に残っているオペラは約30曲程度、ほとんど上演されることはありません。1785年ごろに作曲されたこの曲のみが、現在も歌い継がれています。
 Caro mio benとは「いとしい女(ひと)よ」の意です。作詞者は不詳ですが、愛する女性に対し自分のことを思ってくれるよう、切なく願う歌です。
Caro mio ben, credimi almen,
senza di te languisce il cor,
 愛しい女よ、信じてほしい
 あなたがいなくては辛い
Il tuo fedel sospira ognor,
Cessa, crudel, tanto rigor!
 私はため息をついてばかり
 そんな冷たい仕打ちはやめてくれ

 映像は、イタリアのメゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli, 1966-)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 カロ・ミオ・ベン(イタリア古典歌曲集)
 バルトリのソロCD。「カロ・ミオ・ベン」など、イタリア古典歌曲の名曲を収録。
 イタリア歌曲集
 畑中良輔監修。松本美和子、志村年子、永田峰雄の3人の歌唱による2枚組CD。「カロ・ミオ・ベン(いとしい女よ)」他、「オンブラ・マイ・フ」「すみれ」など、有名なイタリア歌曲37曲を収録。
【おすすめ楽譜】
 28 Italian Songs and Arias of the Seventeenth and Eighteenth Centuries: High Voice
 「カロ・ミオ・ベン」「陽はすでにガンジス川から」「私は心に感じる」など、イタリア古典歌曲の名曲を28曲収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-16 21:29 | イタリア歌曲
 歌劇「椿姫」は、イタリアのオペラ作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi, 1813-1901)の代表作です。
 1853年にイタリアのヴェネチアにて初演されましたが、準備不足だったこと、最後に結核で死ぬはずのヒロイン役の歌手が太りすぎていたことなどから、初演は大失敗に終わりました。翌年の再演でようやく成功、その後人気が出て、今日では世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つとなっています。

 このオペラの原題はLa traviata(ラ・トラヴィアータ、“道を誤った女”の意)ですが、日本では原作小説の題名と同じ「椿姫」(La Dame aux camelias、アレクサンドル・デュマ・フィス作)と呼ばれます。長編の原作から主要場面を要領良く拾って構成され、聴きどころに富んだ作品となっています。
 舞台は19世紀半ばのパリで、社交界の人気者である高級娼婦ヴィオレッタと、青年貴族アルフレードの純愛を描いています。二人は一度結ばれましたがアルフレードの父に反対されて別れ、最後に再会するもののヴィオレッタは結核で死ぬ、という悲恋の物語です。
 詳細な登場人物・あらすじはこちら

 本日は、このオペラから第1幕のアリア「乾杯の歌」(Libiamo Ne' Lieti Calici)をお送りします。冒頭、ヴィオレッタの屋敷でのパーティーでアルフレードとヴィオレッタが初めて出会う場面の歌です。歌を1曲歌うよう勧められたアルフレードはグラスを片手に情熱的に歌い、ヴィオレッタが加わってデュエットになり、さらに一同が加わって華やかに歌い上げます。
Libiamo ne' lieti calici,
che la bellezza infiora;
e la fuggevol ora
s'inebriì a voluttà.
Libiam ne' dolci fremiti
che suscita l'amore,
poichè quell'occhio al core
onnipotente va.
Libiamo, amore, amor fra i calici
più caldi baci avrà・・・。
 楽しい盃で酒を飲みほそう、
 美が花で飾る楽しい盃に。
 そしてはかなく去っていく時が快楽で酔いしれるように。
 楽しい盃で酒をのみほそう、
 恋が呼び起こす、あまいおののきのうちに。
 あのまなざしこそ、この胸には全能なのだから
 盃をほそう、盃を交わすうちに
 恋はより熱いくちづけを得るだろう・・・。

 映像は1986年、スロバキア出身のソプラノ歌手ルチア・ポップ(Lucia Popp, 1939-1993)と世界三大テノールの一人プラシド・ドミンゴ(Placido Domingo, 1941-)が共演したものです。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめDVD】
 ヴェルディ:歌劇《椿姫》ジュゼッペ・ヴェルディ劇場ブッセート 2002年 [DVD]
 2002年2月に上演されたオペラ「椿姫」を収録したDVD。
【おすすめCD】
 ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲(試聴可能)
 ルキノ・ヴィスコンティ演出、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮で上演され、戦後のスカラ座における最高の舞台と謳われた、伝説の1955年の『椿姫』ライブ録音CD。ヴィオレッタ役は20世紀最高のソプラノ歌手とされるマリア・カラス。
 どこかで聴いたクラシック オペラ・ベスト101
 「乾杯の歌」ほか、「蝶々夫人」「アイーダ」など、有名オペラのアリアを多数収録したCD。
【おすすめ楽譜】
 最新オペラ名アリア選集 オペラ重唱曲集 (最新・オペラ名アリア選集)
 「椿姫」ほか、「蝶々夫人」「フィガロの結婚」など、人気オペラの有名な二重唱を20曲収録した楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-15 14:31 | オペラ・アリア
 本日は、ドイツ歌曲「春への憧れ」(Sehnsucht nach dem Frühling, KV.596)をお送りします。

 オーストリアの作曲家・モーツァルトの、最晩年である1791年の作品です。ピアノ協奏曲第27番(KV.595)第3楽章の主題を転用し、子供用歌曲として作曲されました。歌詞はクリスチャン・オーヴァベックの童詩集「フリッツヒェンの歌」の中のものです。
 春が来るのを待ち焦がれる歌詞にふさわしい、明るく可愛らしいメロディーの曲です。
Komm, lieber Mai, und mache
Die Baeume wieder gruen
Und lass mir an dem Bache 
Die kleinen Veilchen blueh'n!
Wie moecht' ich doch so gerne 
Ein Veilchen wieder seh'n!
Ach, lieber Mai, wie gerne 
Einmal spazieren geh'n・・・。
 おいで、いとしい五月よ、
 今年も木々を緑にしておくれ、
 そして、小川のほとりには
 小さなすみれを咲かせておくれ
 私はまたすみれの花が咲くのを待ちわびていた
 いとしい五月よ、私は再び外へ散歩に出かけたい・・・。

 映像は、オーストリアのソプラノ歌手グンドゥラ・ヤノヴィッツ(Gundula Janowitz)による歌唱です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 春への憧れ~モーツァルト:歌曲集(試聴可能)
 アメリカのソプラノ歌手バーバラ・ボニーのソロCD。「春への憧れ」「すみれ」「クローエに」など、モーツァルトの有名歌曲を収録。
【おすすめ楽譜】
 最新世界名歌曲選集 ドイツ歌曲名歌集(1) (原調版) (最新・世界名歌曲選集)
 ドイツ歌曲の初学習者向け名歌集。古典派のモーツァルトからロマン派のシューベルト、シューマン、ブラームスなど、近代・現代のR.シュトラウスまで時代を追って選曲。「春への憧れ」ほか、「野ばら」「楽に寄す」などドイツ歌曲の名曲を多数収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-14 22:04 | ドイツ歌曲
 「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(Die Meistersinger von Nürnberg)は、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner, 1813-1883)の楽劇作品です。音楽・台本ともにワーグナーの作です。
 舞台は16世紀中頃のドイツ・ニュルンベルクの町です。靴屋の親方ハンス・ザックスが、この町にやってきた騎士ヴァルターと隣家の娘エーファが恋仲であることを知り、歌合戦でヴァルターを勝たせ、ふたりの仲を取りもつ、という喜劇です。
 「マイスタージンガー」とは、15~6世紀ドイツの、手工業職人の親方が歌手を兼ねている「親方歌手」のことです。本職における階級(親方・職人・徒弟)が歌手としての階級にもなりました。この楽劇には計12人のマイスタージンガーが登場します。
 詳細なあらすじ・登場人物等はこちら

 なおこの楽劇は、ラストシーンで「ドイツ芸術」を称揚すること、作曲者ワーグナーが反ユダヤ思想だったことから、後にナチス・ドイツによって国家主義思想の高揚のために利用されました。このため、現在でもこの楽劇はナチスを連想させるものとされることがあります。

 本日はこの楽劇の、「第1幕への前奏曲」をお送りします。「マイスタージンガーの動機」、「芸術の動機」、「愛の動機」など、楽劇中に使用される主要な動機が盛り込まれた曲です。ワーグナーの楽曲のなかでも人気作品の1つで、単独でも頻繁に演奏されます。また祝祭的なイメージから、式典(大学の入学式など)で演奏されることも多いようです。

 映像は、ウィーン国立歌劇場再開50周年記念演奏会における演奏です。指揮者はドイツ人のクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann, 1959-)。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ワーグナー:楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 [DVD]
 2001年12月にメトロポリタン歌劇場で行なわれたライヴの模様を収録したDVD。ジェイムズ・レヴァイン指揮。
 ワーグナー : 楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」全曲(試聴可能)
 1955年バイロイト祝祭管弦楽団による全曲上演のCD。フルトヴェングラー指揮。
 ワーグナー:管弦楽曲集(試聴可能)
 「ニュルンベルグのマイスタージンガー」前奏曲、「タンホイザー」序曲など、ワーグナーの管弦楽曲の名作を収録したCD。フルトヴェングラー指揮。
 ワーグナー 「ニュルンベルクのマイスタジンガー」前奏曲 (Zen‐on score)
 「ニュルンベルクのマイスタジンガー第1幕への前奏曲」のスコア(総譜)

[PR]
by asapykadan | 2009-02-13 20:57 | 管弦楽曲