ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 ヴォカリーズ(vocalise)とは、歌詞を伴わず、主にAの母音のみによって歌う歌唱法のことです。フランス語の動詞 vocaliser(声にする、声だけで歌う)の命令形 vocalise に由来します。普通は発声練習の際に用いられますが、ヴォカリーズによって歌うことを指定した声楽曲もあります。

 本日は、最も有名なヴォカリーズ曲である、ロシアの作曲家セルゲイ・ラフマニノフ(Серге́й Рахма́нинов、Sergei Rachmaninov、1873-1943)の作品「ヴォカリーズ 嬰ハ短調」をお送りします。1912年に出版され、ソプラノ歌手アントニーナ・ネジダーノヴァに献呈されました。
 母音「A」のみで歌われる、ロシア音楽らしい悲哀を帯びた旋律と、淡々と和音と対旋律とを奏でていくピアノの伴奏が特徴です。ヴォカリーズなので歌詞がなく、ロシア語を母国語としない歌手でも歌いやすいため、ラフマニノフの数多の歌曲の中でも最も多くの人に歌われています。また声楽曲としてのみならず、ピアノやバイオリンなどの様々な器楽曲にも編曲されて親しまれています。
 なおこの曲は、ソプラノまたはテノールのための曲として作られましたが、ピアノ伴奏との調和を考えるとテノールで歌うことは適切でなく、ほとんどソプラノによって歌われているようです。

 映像は、アメリカのソプラノ歌手ルネ・フレミング(Renée Fleming, 1959-)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 キャスリーン・バトル・アット・カーネギー・ホール(試聴可能)
 アメリカのソプラノ歌手キャスリーン・バトルの91年カーネギーホールでのリサイタルを収めたライヴ盤。「ヴォカリーズ」ほか、「オンブラ・マイ・フ」「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」など、有名歌曲を収録。
【おすすめ楽譜】
 ラフマニノフ歌曲選集
 「ヴォカリーズ」など全34曲を声種に適したまとまりで配列し、また、ロシア語になじみの薄い演奏者への一助として、ロシア語歌詞の下にアルファベットによる発音を付してある。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-30 21:33 | その他声楽曲・歌曲

花の街(團伊玖磨)

 本日は、日本歌曲「花の街」をお送りします。

 作詞は、「夏の思い出」(中田喜直作曲)を作詞したことで知られる詩人の江間章子(えま・しょうこ、1913-2005)。作曲は、当時まだ23歳だった團伊玖磨(だん・いくま、1924-2001)です。
 この歌は、戦後の東京がまだ荒廃していた昭和22年、NHKラジオ番組「婦人の時間」の委嘱で作られました。江間は、「今に東京も花咲く街になってほしい」という願いを込めてこの詩を書きました。
 この歌は女声合唱により放送され、大変好評で、その後11年間、この番組のテーマ音楽として放送され続けました。
七色の谷を越えて
流れて行く 風のリボン
輪になって 輪になって
かけていったよ
歌いながら かけて行ったよ

美しい海を見たよ
あふれていた 花の街よ
輪になって 輪になって
踊っていたよ
春よ春よと 踊っていたよ

すみれ色してた窓で
泣いていたよ 街の窓で
輪になって 輪になって
春の夕暮れ
ひとりさびしく 泣いていたよ

 詩の中にある「泣いていたよ 街の窓で・・・」の部分は、戦争によって様々な苦しみや悲しみを味わった人々の姿を表現したものです。

 映像は、女優で歌手の倍賞千恵子さんによる歌唱です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 鮫島有美子の四季(試聴可能)
 春夏秋冬の4枚組CD。「花の街」ほか、「早春賦」「花」「朧月夜」など、四季折々の日本歌曲の名曲を収録。
【おすすめ楽譜】
 最新日本歌曲選集 日本歌曲名歌集(原調版) (最新・日本歌曲選集)
 團伊玖磨「花の街」「秋の野」「ひぐらし」、中田喜直「またある時は」など、日本歌曲の名曲を68曲収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-29 21:36 | 日本歌曲
 歌劇「リゴレット」(Rigoletto)は、イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi, 1813-1901)が作曲したオペラです。1851年にヴェネチアにて、ヴェルディ自身の指揮により初演されました。ヴェルディ中期の傑作です。

 舞台は16世紀の北イタリアです。好色なマントヴァ公爵が、モンテローネ伯爵の娘をたぶらかしました。伯爵は激怒しますが、公爵に仕えるせむしの道化師リゴレットが伯爵を嘲笑します。伯爵は「いずれ悪業の報いを受けるぞ」と呪いの言葉を投げつけます。
 いつも人を嘲笑する役のリゴレットは、他の家臣たちからも恨まれていました。公爵の廷臣たちは、リゴレットが隠し育てていた一人娘ジルダを誘拐してきて公爵に献上します。激怒したリゴレットは、殺し屋に公爵の暗殺を依頼します。これを知ったジルダは自分が身代わりになることをとっさに決意し、凶刃を受けてしまいます。金と引換に死体を入れた袋を受け取ったリゴレットは、遠くから公爵の楽しげな歌声が聞こえ愕然。あわてて袋を開けてみると、そこにはなんと最愛の娘が・・・。 呪いが現実となり、彼は崩れ落ちたのでした。
 詳細なあらすじや登場人物はこちら

 このオペラの原作は、19世紀フランスの作家ヴィクトル・ユーゴーの戯曲『王は愉しむ』です。16世紀のフランス王フランソワ1世をモデルにした物語で、7月王政下の1832年に初演されました。しかし当時の特権階級の腐敗ぶりを批判する内容と受け止められ、たちまち上演禁止となりました。オーストリア帝国統治下のヴェネチアでも原作のままでは上演を許可されませんでした。ヴェルディはオペラ化にあたり、舞台をフランスからイタリアに、王を架空の貴族に置き換える等の改変を加えて、ようやく上演にこぎつけました。

 本日は、全3幕からなるこのオペラからアリア「女心の歌」(原題は“風に吹かれる羽根のように”、伊:La donna è mobile)をお送りします。第3幕において、自分を狙う刺客が経営する宿とも知らず、騎兵に姿を変えて訪れたマントヴァ公爵が歌う、非常に有名な歌です。
La donna è mobile
Qual piuma al vento,
Muta d'accento — e di pensiero.
Sempre un amabile,
Leggiadra viso,
In pianto o in riso, — è menzognera・・・。
 風に吹かれる羽根のように
 女は変わりやすいものだ
 言葉も思いもすぐに変えてしまう。
 いつも愛らしく
 愛嬌のあるあの顔で
 泣いたり笑ったりするのも
 みないつわりなのさ・・・。

 映像は、世界三大テノールのドミンゴ(Domingo)、カレーラス(Carreras)、パヴァロッティ(Pavarotti)が共演したものです。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ヴェルディ:歌劇《リゴレット》英国ロイヤル・オペラ2001 [DVD]
 ヴェルディ没後100年の2001年に、英国ロイヤル・オペラハウスで上演された歌劇「リゴレット」を収録。
 ヴェルディ:歌劇「リゴレット」全曲(試聴可能)
 ボローニャ歌劇場管弦楽団による全曲上演のCD。世界3大テノールの一人、パヴァロッティがマントヴァ公爵を熱演。
 私のお父さん/オペラ・アリア集(試聴可能)
 「リゴレット」ほか、「蝶々夫人」「カルメン」など、有名オペラの傑作アリアを17曲収録したCD。
 最新オペラ名アリア選集 テノール(1) (最新・オペラ名アリア選集)
 「女心の歌」ほか、「人知れぬ涙」「清きアイーダ」など、テノールの有名アリアを収録した楽譜。巻末に曲の解説と歌詞の和訳を掲載。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-28 20:09 | オペラ・アリア
 アラム・ハチャトゥリアン(Арам Хачатурян, Aram Khachaturian, 1903-1978)は、ソビエト連邦の作曲家・指揮者です。グルジアの首都トビリシに生まれたアルメニア人で、モスクワ音楽院で学びました。ソビエト作曲家連盟の中心的存在として活躍し、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチと共に「ソビエト3巨匠の一人」とされる偉大な音楽家です。
 グルジア出身者として、アルメニア・アゼルバイジャン・グルジアなどカフカス地方の民族色あふれる大胆で強烈な曲を多数作曲しました。民族音楽のメロディと旋律を、クラシック音楽の古典的な技法と融合させたのです。
 日本では、バレエ組曲「ガイーヌ」(1942年作)のハイライト部分である「剣の舞」が特によく知られています。

 本日は彼の数多の作品のうち、作曲家としての名声を確立することとなった「バイオリン協奏曲 ニ短調」をお送りします。
 アルメニア民族音楽の採譜を基にして作曲され、バイオリニストのダヴィッド・オイストラフに献呈されました。1940年、オイストラフのバイオリン独奏によりモスクワにて初演。日本初演は1963年、レオニード・コーガンのバイオリン独奏、読売日本交響楽団の演奏により、ハチャトゥリアン自身の指揮で行われました。

 映像は、全3楽章のうち、第1楽章の演奏の録音です。曲を献呈されたオイストラフのバイオリン独奏と、ハチャトゥリアン本人の指揮とで1954年に演奏された歴史的な録音です。哀愁漂う民族音楽的な第1主題と、展開部のソロバイオリンの長いカデンツァ(独奏楽器がオーケストラ伴奏なしに自由に即興的な演奏をする部分)が聴き所です。
 ↓上が第1楽章前半、下が後半。
 
 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲 ショスタコーヴィッチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
 アルメニア国立フィルハーモニー管弦楽団による演奏を収録したCD。バイオリン独奏は、アルメニア系カナダ人の父と日本人の母を持つカテリーナ・マヌーキアン。
 スコア ハチャトゥリャン ヴァイオリン協奏曲 (Zen‐on score)
 スコア(総譜)。
 ハチャトゥリャン ヴァイオリン協奏曲 ニ短調(violin library)
  作曲者によるピアノ伴奏版楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-26 21:03 | 協奏曲
 ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms, 1833-1897)は、19世紀ドイツの作曲家です。バッハ、ベートーヴェンと並びドイツ音楽の「三大B」と称される一人です。
 ブラームスはベートーヴェンを深く崇敬しており、多くの人がベートーヴェンの後継者とみなしています。彼の交響曲第1番は、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付」と極めてよく似ています。
 ブラームスの作風はほぼロマン派に分類されますが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強くありました。交響曲、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、室内楽曲、ピアノ独奏曲、歌曲、合唱曲など幾多のジャンルの作品を遺しましたが、歌劇を書くことはなく、19世紀に流行した交響詩も一切作りませんでした。

 本日は、ブラームスの幾多の作品のうち管弦楽曲の「大学祝典序曲」(独:Akademische Festouvertüre, 英:Academic Festival Overture)をお送りします。
 1879年に当時のドイツ領にあったブレスラウ大学(現:ポーランド国立ヴロツワフ大学)から名誉博士号を授与されたブラームスが、その返礼として作曲したものです。1881年1月に、ブレスラウのオーケストラ協会を作曲者ブラームス自身が指揮して初演されました。
 "Wir hatten gebauet ein stattliches Haus"(僕らは立派な学び舎を建てた)など4曲の学生歌を引用し、それと自作主題とを有機的につなぎ合わせて構成されています。陽気で明るい、洗練された曲に仕上がっています。

 映像は、ハンガリーのドナウ交響楽団(Danubia Symphonic Orchestra)による演奏の模様です。指揮者は東欧を中心に活動中のドモンコシュ・ヘーヤ(Domonkos Héja)。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ブラームス:交響曲第1番/大学祝典序曲/悲劇的序曲(試聴可能)
 ブラームスの管弦楽曲の中でも人気の高い、「交響曲第1番」「大学祝典序曲」「悲劇的序曲」の3曲を収録したCD。ブルーノ・ワルター指揮、コロンビア交響楽団。
 ブラームス 大学祝典序曲 作品80 (オイレンブルク・スコア)
 「大学祝典序曲」のスコア(総譜)。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-22 21:12 | 管弦楽曲
 歌劇「アリオダンテ」(Ariodante)は、バロック音楽最大の作曲家、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel, 1685-1759)の作品で、全3幕から成るオペラです。1735年にロンドンで初演されました。

 舞台はスコットランドの都エディンバラです。主人公アリオダンテは、主君であるスコットランド王の娘ジネーヴラの許嫁です。ところがアルバーニ公爵ポリネッソがジネーヴラを自分のものにしようと、王女付きの侍女ダリンダを利用し、ジネーヴラが不貞を働いたように見せかけます。さらに用の無くなったダリンダに刺客を向けます。逃げるダリンダを救ったアリオダンテに、彼女はポリネッソの企みを全て打ち明けます。ジネーヴラは不貞という無実の罪で死刑を宣告されて獄中にいましたが、疑いが晴れ、アリオダンテとめでたく結ばれる、という物語です。

 ヘンデルの最も魅力的なオペラの一つですが、上演時間が長いこと、バレエが必要なこと、歌手に高度な技術が要求されること等から、今日上演されることはそれほど多くありません。

 本日はこのオペラの中から、第3幕のアリオダンテのアリア「暗く不吉な夜が過ぎると」(Dopo notte, atra e funesta)をお送りします。危機が回避されたことを喜ぶ英雄的アリアで、圧倒的な迫力があり、高度な歌唱技術が要求されます。ヘンデル作の数あるアリアの中でも傑出した名アリアです。
 元は男性のカストラート(去勢歌手)が歌うアリアでしたが、今日ではカウンターテナー(男性)またはメゾソプラノ歌手(女性)によって歌われます。
Dopo notte atra e funesta,
splende in ciel più vago il sole
e di gioia empie la terra.
 暗く不吉な夜が過ぎると
 いっそう美しい太陽が輝き
 この地を喜びで満たしてくれる。
Mentre in orrida tempesta
il mio legno è quasi assorto,
giunge in porto e'l lido afferra
 恐ろしい嵐の中で
 私の船はほとんど沈みかけていたが
 港に至り、岸にたどり着いた。

 映像は、スウェーデン人のメゾソプラノ歌手アンネ=ゾフィー・フォン・オッター(Anne-Sofie von Otter, 1955-)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ヘンデル 歌劇「アリオダンテ」HWV33
 歌劇「アリオダンテ」全曲上演のCD。マルク・ミンコフスキ指揮。アリオダンテ役はアンネ=ゾフィー・フォン・オッター。
 バロック~愛のアリア、愛の歌(試聴可能)
 フィンランド人のメゾソプラノ歌手モニカ・グロープのソロCD。「アリオダンテ」ほか、ヘンデルの有名オペラのアリアを収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-21 13:37 | オペラ・アリア

異郷にて(シューマン)

 本日は、ドイツ歌曲「異郷にて」(In der Fremde)をお送りします。

 ドイツのロマン派音楽を代表する作曲家、ロベルト・シューマン(Robert Schumann, 1810-1856)の1840年の作品です。全12曲から成る連作歌曲集「リーダークライス(Liederkreis)作品39」の第1曲です。
 歌詞は全曲とも、ドイツの後期ロマン派を代表する詩人ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ(Josef Freiherr von Eichendorff, 1788-1857)の作です。自然を歌った美しい詩の中にも人間の悲哀が感じられます。

 この連作歌曲の第1曲は、当初別の曲が置かれていましたが、後にこの曲と置き換えられました。ハープを模したような哀愁漂うアルペッジョ(分散和音)のピアノ伴奏で始まり、故郷を離れ、異郷をさすらう者の心情が歌われています。
Aus der Heimat hinter den Blitzen rot
Da kommen die Wolken her,
Aber Vater und Mutter sind lange tot,
Es kennt mich dort keiner mehr.
 赤い稲妻の彼方の故郷から
 雲が漂ってくる。
 だが父母はとうの昔に死んでしまって
 僕を知るものさえいない
Wie bald, ach wie bald kommt die stille Zeit,
Da ruhe ich auch, und über mir
Rauscht die schöne Waldeinsamkeit,
Und keiner kennt mich mehr hier.
 何と早く静かな時がやってくるのだろう
 そこで僕は憩いの時を感じる その上で
 美しい森の孤独はさやいでいる
 だが僕を知るものはここにはいない

 映像は、ドイツのバリトン歌手マティアス・ゲルネ(Matthias Goerne, 1967-)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 シューマン:歌曲集 詩人の恋
 バリトン歌手ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウの歌唱による、シューマン歌曲のCD。「リーダークライス」「ミルテの花」「詩人の恋」の3歌曲集を収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-20 22:42 | ドイツ歌曲
 本日は、イタリア古典歌曲「私は心に感じる」(Sento Nel Core)をお送りします。

 バロック期のイタリアの作曲家、アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660-1725)の作品です。元は、彼の作曲したいずれかのカンタータの中のアリアであったと思われます。優美なうちにも悲しみを含んだ歌です。
Sento nel core certo dolore,
che la mia pace turbando va.
 私は、平安をかき乱す
 苦しみのようなものを心に感じる。
Splende una face che l'alma accende,
se non è amore, amor sarà.
 魂を燃え立たせる一つの松明が輝く
 もしこれが愛でないとしても、やがて愛になるだろう。

 映像は、バリトン歌手Renato Brusonによる歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 イタリア歌曲集
 「私は心に感じる」をはじめ、「アマリッリ」「私を泣かせてください」など、イタリア古典歌曲を収録。志村年子、永田峰雄、松本美和子らによる歌唱。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-19 21:30 | イタリア歌曲
 本日は、J.S.バッハのフルートソナタ・ロ短調 BWV1030をお送りします。

 「音楽の父」バッハは、アンハルト=ケーテン侯国の宮廷楽長を務めた1717~23年の間、数多くの世俗音楽、特に器楽曲の分野で多様な作曲を行いました。この時期のバッハの室内楽作品は、主に様々なソロ楽器(特にバイオリン、チェロ、フルートを好んだようです)のソナタや組曲、またはそれらのソロに鍵盤楽器の伴奏が付いたものでした。
 ケーテンの宮廷を去ってライプチヒの聖トーマス教会音楽監督に就任してからは、バッハはほとんど室内楽作品を書いていません。しかしこの「フルートソナタ BWV1030」の最終稿はライプチヒにて書かれました。
 
 この曲は全3楽章から成り、ハープシコードの伴奏がついています。バッハの最高の室内楽作品であるのみならず、古今のあらゆるフルート曲の中でも最高峰とされる名曲中の名曲です。表面的には穏やかでありながら、底を流れる深い情熱が感じられます。

 映像は、ウィルベルト・ハーゼルゼット(Wilbert Hazelzet)による、フルートの代わりにリコーダーを用いた、第1楽章の演奏の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 バッハ:フルート・ソナタ全集(試聴可能)
 バルトルド・クイケンによる演奏のCD。
【おすすめ楽譜】
 SF-001 J.S.バッハ ソナタ ロ短調 BWV1030 (伴奏CDつきフル-ト音楽叢書)
 日本語版の楽譜。
 Johann Sebastian Bach - Flute Sonata in B Minor - Bwv 1030 - A Score for the Flute
 英語版の楽譜。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-15 21:41 | 室内楽曲
 本日は、イタリア古典歌曲「私の生命も奪って下さい」(Toglietemi la vita ancor)をお送りします。

 バロック期のイタリアの作曲家、アレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660-1725)の作品です。この曲は単独の曲として写本が残されていましたが、元は1683年にローマで初演された歌劇「ポンペーオ」(Il Pompeo)の中のアリアであったと推測されています。詩からは男女いずれの歌か分かりません。
Toglietemi la vita ancor,
crudeli cieli,
se mi volete rapir il cor.
 残酷な天よ、私の心を奪いたいのなら
 私の生命も奪って下さい。
Negatemi i rai del dì,
severe sfere,
se vaghe siete del mio dolor.
 過酷な天球よ、私の苦しみを望むなら、
 私から陽の光を拒んで下さい。

 映像は、バリトン歌手Eugene Johnsonさんによる歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 イタリア古典歌曲集
 イタリアで学び、イタリアでもその実力が評価されているソプラノの松本美和子が、有名なものから珍しいものまで40曲におよぶイタリア古典歌曲を録音。まさに手本とすべき名唱。

[PR]
by asapykadan | 2009-03-14 10:50 | イタリア歌曲