ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 ディヴェルティメント(divertimento)とは、自由な形式による娯楽的な実用音楽です。イタリア語の「divertire(楽しい、面白い、気晴らし)」に語源を持ち、明るく軽妙で楽しく、深刻さや暗い雰囲気はありません。主に18世紀後半、貴族の食事の席や祝賀の場などで演奏されました。

 本日は、数多のディヴェルティメントのうち、オーストリアの古典派音楽の作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756-1791)の作品「ディヴェルティメント ニ長調 K.136」をご紹介します。
 この曲は1772年の初め頃、モーツァルトが16歳の時に作ったものです。彼は2度目のイタリア旅行から帰国した後、ザルツブルクで作曲に取り組んでいました。このイタリア旅行は彼の音楽観に多大な影響を及ぼし、表現力に豊かさが増しました。その成果が結実した作品の1つがこの曲です。
 Allegro-Andante-Prestoの全3楽章から成る弦楽4部の曲です。創作の動機や初演の時期などは不明ですが、旋律が流麗で美しく、16歳のモーツァルトの若々しい生命が溢れ出ているようです。
 
 映像は、アメリカ出身のユダヤ系ヴァイオリン奏者ユーディ・メニューイン(Yehudi Menuhin, 1916-1999)の指揮による、第1楽章Allegroの演奏です。かなり有名な旋律なので、誰もが一度はどこかで聴いたことがあるでしょう。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 モーツァルト : アイネ・クライネ・ナハトムジーク&3つのディヴェルティメント(試聴可能)
 アムステルダム・バロック管弦楽団による演奏を収録。
【おすすめ楽譜】
 モーツァルト: 3つのディヴェルティメント KV 136-138/ベーレンライター社新モーツァルト全集版中型スコア
 モーツァルト : ディヴェルティメント KV 136-138(バイオリン×2、ビオラ、チェロ)/ベーレンライター社演奏用パート譜セット

[PR]
by asapykadan | 2010-02-21 20:54 | 室内楽曲
 パウル・ヒンデミット (Paul Hindemith, 1895-1963)は、20世紀ドイツを代表する音楽家の一人です。若い頃はバイオリンやビオラの演奏者として、フランクフルト歌劇場管弦楽団のコンサートマスターなどを務めました。作曲家としては、第一次大戦後の1920年代から、ロマン派からの脱却を目指して新即物主義・新古典派主義を推進し、同世代の音楽家たちに強い影響を与えました。生涯の作品は600曲以上に及び、歌劇や交響曲をはじめ、オーケストラを構成するほぼすべての楽器のためのソナタを作曲しています。

 本日は、彼の代表的な作品の一つである交響曲「画家マティス」(Mathis der Maler)をご紹介します。
 ヒンデミットは1934~35年にかけて、彼自身の台本による同名のオペラを作曲しました。全7場から成り、16世紀ドイツの画家マティアス・グリューネヴァルトを主人公とします。ドイツ農民戦争が勃発して騒然とする時代の中で、マティスは権力者のために絵を描くことをやめ、農民と共に戦う道を選びます。
 しかし時のナチス政権は、以前からヒンデミットの現代音楽を「退廃音楽」とみなしていた上、焚書の光景が挿入されるオペラの内容にも難色を示しました。そのため35年に予定されていたオペラの初演は上演中止に追い込まれます。

 交響曲は、オペラの初演が絶望的となってきた34年の春、ヒンデミットがオペラの完成をひとまず棚上げし、オペラの中からいくつかの場面の音楽を選んで、3つの楽章から成る交響曲に改編したものです。34年3月に、フルトヴェングラーの指揮によって電撃的に初演され、大成功を収めました。しかしこれによりナチス当局の干渉はより強まり、フルトヴェングラーはこれに強く抗議して、同年11月の「ヒンデミット事件」と呼ばれる事件へと発展しました。

 交響曲は、下記の全3楽章から成ります。マティスの代表作である「イーゼンハイム祭壇画」(アルザスの寒村イーゼンハイムの修道院のために描いた)の内容を表現しています。
第1楽章「天使の合奏」(Engelskonzert)
第2楽章「埋葬」(Grablegung)
第3楽章「聖アントニウスの誘惑」(Versuchung des heiligen Antonius)

 今日お送りする第1楽章「天使の合奏」は、オペラの前奏曲にあたる部分で、キリストの降誕を表現しています。「天使の楽器」トロンボーンによって、天上の天使の合唱が奏でられます。

 映像は、クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)の指揮による、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(the Berlin Philharmoniker)の演奏の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ヒンデミット:交響曲「画家マティス」(試聴可能)
 ヘルベルト・ケーゲル指揮、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団。
【おすすめ楽譜】
 Mathis Der Maler Symphonys.s.
 交響詩「画家マティス」のスコア(総譜)。

[PR]
by asapykadan | 2010-02-07 16:14 | 管弦楽曲