ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 信時潔(のぶとき・きよし、1887-1965)は日本の作曲家です。東京音楽学校(現・東京芸術大学)で当初はチェロを学び、後に作曲に転向、同学校教授を務めました。ドイツ風の簡素で重厚な作風により、多くの名曲を遺しました。
 信時の最も有名な作品は何と言っても、戦時歌謡として広く歌われた名作「海ゆかば」でしょう。皇紀2600年を記念した交声曲(カンタータ)「海道東征」も名曲です。他には校歌・社歌の作曲を数多く手がけ、その数は現在判明しているものだけでも1000曲以上に及びます。有名校のものでは「慶應義塾塾歌」「学習院院歌」 「東京開成中学校校歌」などがあります。

 本日は、信時の代表作の一つである、組曲「沙羅」をご紹介します。
 1935(昭和10)年、東京音楽学校の同僚だった国文学者・清水重道の詩に作曲しました。以下の8曲で構成されています。
 1.丹澤(たんざわ)
 2.あづまやの
 3.北秋の
 4.沙羅
 5.鴉(からす)
 6.行々子(よしきり)
 7.占ふと
 8.ゆめ
 8つの歌詞はそれぞれ独立した内容で統一的な物語性はありませんが、いずれも非常に簡潔な文語で書かれた短い抒情詩です。曲は信時作品に特徴的な、ドイツ歌曲風の洗練された厳しさが感じられます。
 一般にはそれほど知られているとは言えない曲ですが、声楽を学ぶ人が必ず取り組む曲であり、音大入試やコンクールの課題曲として頻繁に取り上げられています。
 元は独唱曲ですが合唱曲としてもよく歌われ、日本各地の合唱団のレパートリーの1つとなっています。

 本日は上記8曲のうち、第3曲「北秋の」をお送りします。秋の山道で花を見つけ愛する人を思う叙情歌です。
 北秋の
 峡(かひ)の凝々(こご)しき道の曲(くま) 
 わが見し花に
 名づけてよ 君

 いなむしろ
 君によそへて
 呼ばましものを
 
 みつみつし
 白く小さき
 北秋の花

 ※「峡」=山と山との狭い間 「凝々し」=ゴツゴツした 「曲」=道の曲がって入り込んだところ 「よそへて」=ことよせて 「呼ばまし」=呼びたい

 映像は、musicandartissei さんが19歳の時の歌唱をYouTubeにUPされたものです。若干幼さの残る爽やかなテノールで、この曲の特徴である「瑞々しさ」がよく表現されています。

 
【おすすめCD】
 SP音源復刻盤 信時潔作品集成
 戦前の録音を復刻した6枚組CD。合唱曲、独唱曲、小学唱歌、ピアノ曲、校歌など、信時の代表作をもれなく収録。現在ではほとんど演奏されなくなった曲も多く入っている貴重なアルバム。組曲「沙羅」の歌唱は木下保。
 信時潔歌曲集
 1995年、信時没後30周年&戦後50年の特別企画で発売された。組曲「沙羅」「鴬の卵」、名曲「海ゆかば」等を収録。歌唱は声楽界の重鎮であるバリトンの畑中良輔。絶版で入手困難だが、現在聴くことの出来る組曲「沙羅」の録音では最も優れたもので、まさに手本とすべき名唱。図書館等で借りられる人は是非一度聴くとよい。
 日本歌曲 山田耕筰歌曲(II) 信時潔の歌曲
 2008年発売の新しい録音。2枚組CDの2枚目が信時の作品。組曲「沙羅」「小倉百人一首」「鶯の卵」、万葉集の長歌に作曲した「不盡山を望みて」など27曲を収録。
 木下保指導による 混声合唱曲集 沙羅
 NHKのラジオ番組「おはようコーラス」(1978年)と「FMクラシックアワー」(1979年)で放送された、木下保指揮、東京放送合唱団の歌唱の録音。CDとしては珍しくリハーサル風景も収録。
【おすすめ楽譜】
 女声合唱組曲 沙羅
 男声合唱組曲 沙羅: 改訂新版
 信時潔独唱曲集

[PR]
by asapykadan | 2010-06-28 00:18 | 日本歌曲