ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

母(小松耕輔)

 本日は、日本歌曲「母」をお送りします。

 作詞者は竹久夢二(1884-1934)です。「夢二式美人」と言われる、長いまつげに大きな夢見るような瞳、少し憂いを含んでいて、首の長い腺病質的な独特の美人画を描いて、多くのファンを獲得した、抒情派の画家です。
 夢二は画家として有名ですが、文学の造詣も深く、多くの随筆や童話も創作し、英米の古いわらべうたの訳詞もしているれっきとした詩人でもありました。夢二の詩「宵待草」は、多忠亮(おおの・ただすけ)によって曲を付けられて1917年に発表され、広く世間で愛唱されました。
 この「母」は、夢二が故郷・岡山の母を偲んで作った詩です。
ふるさとの 山の明け暮れ
みどりのかどに たちぬれて
いつまでも われ待ちたまう
母は かなしも

幾山河 とおくさかりぬ
ふるさとの みどりのかどに
いまもなお 我待つらむか
母は とおしも

 作曲者は小松耕輔(1884-1966)です。東京音楽学校(現・東京芸術大学)出身で、長く学習院の音楽教官を務めました。日本人初のオペラ作品「羽衣」(1906年)を発表したほか、主に歌曲の作曲を手がけました。また、日本で初めて合唱コンクールを開催するなど、合唱活動にも尽力しました。
 小松は上記の詩「母」に、1919年、35歳の時に曲をつけました。感傷的な中にも温かみのある柔らかな3拍子の曲です。元は独唱曲ですが、女声合唱でもよく歌われます。

 映像は、テノール歌手・井原義則さんによる独唱の録音です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。

【おすすめCD】
 ねむの木の子守歌(試聴可能)
 日本歌曲の美しい歌唱で知られる人気ソプラノ歌手・鮫島有美子のアルバム。「母」ほか、「ねむの木の子守歌」「ブラームスの子守歌」など、古今東西の歌22曲を収録。
【おすすめ楽譜】
 日本名歌110曲集(1)
 「母」ほか、信時潔「沙羅」、山田耕筰「鐘が鳴ります」「この道」、瀧廉太郎「荒城の月」など、有名歌曲110曲を収録。

[PR]
by asapykadan | 2011-01-01 22:58 | 日本歌曲