ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 「白鳥の歌」(Schwanengesang)は、「歌曲王」と呼ばれるオーストリアの作曲家、フランツ・シューベルト(Franz Schubert、1797-1828)の歌曲集です。「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」と並ぶシューベルトの三大歌曲集の1つですが、他の2つと違い、この「白鳥の歌」は彼の死後に出版社によって編集されたもので、物語的な一貫性・連続性はありません。「白鳥の歌」という題名も、出版者のハースリンガーが「白鳥は死ぬ時ひときわ美しく鳴く」という言い伝えから命名したものです。

 「白鳥の歌」は、レルシュタープ、ハイネ、ザイドルの3詩人による下記14曲から構成されています。いずれも彼の没年である1828年に作曲されました。
《レルシュタープの詩による曲》
 (1)愛の使い(Liebesbotschaft)
 (2)戦士の予感(Kriegers Ahnung)
 (3)春の憧れ(Frühlingssehnsucht)
 (4)セレナーデ(Ständchen)
《ハイネの詩による曲》
 (5)すみか(Aufenthalt)
 (6)遠い地にて(In der Ferne)
 (7)別れ(Abschied)
 (8)アトラス(Der Atlas)
 (9)彼女の肖像(Ihr Bild)
 (10)漁師の娘(Das Fischermädchen)
 (11)都会(Die Stadt)
 (12)海辺にて(Am Meer)
 (13)影法師(Der Doppelgänger)
《ザイドルの詩による曲》
 (14)鳩の使い(Die Taubenpost)

 これらの詩はいずれも「愛」を主題としていますが、「冬の旅」のような失恋による絶望ではなく、恋人の不在による自己の喪失感が意識されています。「冬の旅」が地理的にさすらうのに対し、「白鳥の歌」は内面的なさすらいが表現されます。

 本日はこの中から、第4曲「セレナーデ」(Ständchen)をお送りします。シューベルトの歌曲の中で最も有名なものの一つです。美しい旋律で恋人に対する切々たる思いを歌いあげます。マンドリンを模した伴奏も印象的です。
Leise flehen meine Lieder
Durch die Nacht zu dir;
In den stillen Hain hernieder,
Liebchen, komm zu mir!
 僕の願いをそっと歌に託して
 夜の静寂の中をあなたに届かせる
 静かなこの林の中へ降りてきてほしい、
 愛する人よ、ぼくと一緒になって!
Flüsternd schlanke Wipfel rauschen
In des Mondes Licht,
Des Verräters feindlich Lauschen
Fürchte, Holde, nicht!
 細い梢の先がささやくように
 月明かりの中で揺れている、
 誰か聞き耳を立てていやしないかと
 可愛い人よ、恐れることはない

(以下原詩略)
 ナイチンゲール(ウグイスの一種)の歌声が聞こえるね
 ああ!ナイチンゲールも求めている
 甘い切ない歌声を響かせながら
 僕に代って君を求めているのだ

 ナイチンゲールにも分かるのだ
 胸にうずく憧れを、愛の苦しみを。
 そして銀鈴をふるわすような声で
 心優しい人たちの琴線に触れてくる

 あなたも心をもっと開いてほしい
 愛する人よ、僕に耳を傾けて!
 身の震える思いで待っているのだから
 さあおいで、そして僕を幸せにして!

 映像は、ドイツのテノール歌手ペーター・シュライアー(Peter Schreier, 1935 - )による歌唱の録音です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。

【おすすめCD】
 シューベルト:白鳥の歌(試聴可能)
 録音史上最も傑出した歌手とされるドイツのバリトン、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(Dietrich Fischer-Dieskau, 1925-)による「白鳥の歌」全14曲の歌唱を収録。
 ザ・ベスト・オブ・シューベルト(試聴可能)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウによる、シューベルト歌曲の歌唱を収録。「白鳥の歌」より“セレナーデ”ほか、「冬の旅」より“菩提樹”、「野ばら」「鱒」など有名曲を全22曲。

[PR]
by asapykadan | 2011-02-26 14:44 | ドイツ歌曲
 フランシス・プーランク(Francis Poulenc, 1899-1963)は「フランス6人組」と言われた作曲家の一人です。かつてフランスを代表する化学会社であった「ローヌ・プーラン」(Rhone-Poulenc)の創業者一族に生まれ、裕福な環境に育ちました。アマチュアピアニストの母の弾くピアノを聴いて育ち、後にピアノや作曲を音楽家に師事したものの、音楽学校には進まず、自らを取り巻く環境や交流関係などから音楽を培い、作曲をしていきました。

 彼の作風は、初期のものは軽快でわかりやすいものでしたが、年齢を重ねるにつれカトリックの信仰を深めていき、円熟したものになっていきました。
 作品は、音楽体験がピアノから始まっているためにピアノ曲が多いものの、シューベルトの歌曲を好んだことから、多くの優れた歌曲、合唱曲、オペラも遺しています。

 本日は、彼の歌曲・全145曲のうち、1926年に作曲された歌曲集「陽気な歌」(Chansons gaillardes)をご紹介します。プーランクが歌曲の巨匠と認められることとなった曲です。下記の全8曲から構成されています。
(1)気の多い恋人(La Maitresse volage)
(2)酒の歌(Chanson a boire)
(3)マドリガル(Madrigal)
(4)パルク(生死の神)への祈り(Invocation aux Parques)
(5)バッカスへの歌(Couplets Bachiques)
(6)捧げもの(L'offrande)
(7)若いさかり(La belle jeunesse)
(8)セレナード(Serenade)

 これらの歌詞は17世紀無名詩人の詩によるもので、かなり大らかでアケスケな性愛を歌っています。歌手はひどく卑猥な歌詞を、笑ったり赤面したりせずに、重々しく真剣に歌わなければなりません。また、ピアノは単なる「伴奏」にとどまらず、「ピアノの音楽」として歌手と共に曲を作り上げていきます。

 今回お送りするのは、第1曲「気の多い恋人」(La Maitresse volage)です。一度聴いたら耳に残るであろう、非常にユーモラスで歯切れの良いピアノの旋律に乗って、「童貞と処女」のお話が歌われます。
Ma maitresse est volage,   僕の恋人、気が多いので
Mon rival est heureux;    僕のライバルは幸せ
S'il a son pucelage,      彼が童貞で
C'est qu'elle en avait deux.  彼女が二度処女であり
Et vogue la galere,      それをうまくやれるのなら
Tant qu'elle pourra voguer.  成り行きを見守る他はない。

 映像は、オランダ人のバリトン歌手ベルナール・クルイセン(Bernard Kruysen、1933-2000)による歌唱の録音です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 プーランク:歌曲集
 プーランクの有名歌曲集の歌を39曲収録。「陽気な歌」ほか、「平凡な話」「偽りの婚約」など。「陽気な歌」の歌唱はフランス人のバリトン歌手ジル・カシュマイユ。

[PR]
by asapykadan | 2011-02-20 15:14 | フランス歌曲
 本日は、イタリア古典歌曲の1つ「貴女が私の死の栄光を」(Se tu della mia morte)をお送りします。

 イタリアのバロック音楽の作曲家で、特にオペラとカンタータの作曲で知られるアレッサンドロ・スカルラッティ(Alessandro Scarlatti, 1660-1725)の作品です。
 1697年にナポリで初演された正歌劇と言われる「十人委員会の凋落」(La caduta de'Decemviri)の中のアリアで、A-B-Aの三部から成るダ・カーポ形式が用いられています。歌詞の内容は強い決意を語っていますが、曲は静かで落ち着いた、優美な旋律です。
Se tu della mia morte
A questa destra forte
La gloria non vuoi dar,
Dalla a'tuoi lumi.
 貴女がこの強い右手に
 私の死の栄光を与えたくないのなら
 それを貴女の瞳に与えるがいい。
E il dardo del tuo sguardo
Sia quello che m'uccida e mi consumi.
 そして射るような貴女の眼差しが
 私を殺し私を消滅させるがいい。

 映像は、ギリシャ生まれのソプラノ歌手Sonia Theodoridouによる歌唱の録音です。太くしっかりした声で、非常に聴きやすい、美しい歌唱です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 イタリア歌曲集(1)古典歌曲集1(試聴可能)
 「貴女が私の死の栄光を」「陽はすでにガンジス川から」など、イタリア古典歌曲の有名作品を16曲収録。2枚組CDで、1枚目にはピアノ伴奏付の歌唱、2枚目は歌唱練習用にピアノ伴奏のみが収録されている。
 イタリア歌曲集
 畑中良輔監修。松本美和子、志村年子、永田峰雄の3人の歌唱による2枚組CD。「貴女が私の死の栄光を」他、「オンブラ・マイ・フ」「すみれ」など、有名なイタリア歌曲37曲を収録。
 貴女が私の死の栄光を(試聴可能)
 MP3ダウンロード。歌唱はソプラノ歌手で東京芸大名誉教授の嶺貞子。
 イタリア歌曲集(1) (中声用)
 イタリア歌曲集(1) (高声用)
 イタリア歌曲の楽譜。音大の声楽科志望の方も趣味で始める方も、皆最初に歌う歌曲集。

[PR]
by asapykadan | 2011-02-11 13:42 | イタリア歌曲