ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 「無伴奏チェロ組曲」(独:Suiten für Violoncello solo)は、ドイツのバロック音楽の作曲家で「音楽の父」と呼ばれるヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)の作品です。
 バッハがケーテンの宮廷楽長を務めていた1720年前後に作曲されたと思われます。この時期のバッハは無伴奏音楽に積極的に取り組み、「ロンド風ガヴォット」(2010年1月24日記事)で知られる「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」や「フランス組曲」(2009年6月21日記事)など、独奏曲の名曲を多く作曲しています。

 「無伴奏チェロ組曲」は第1番(BWV1007)から第6番(BWV1012)までの全6曲あり、それぞれが6つの短い曲から成る「組曲」となっています。本日はその中から、人気の高い第1番ト長調をご紹介します。チェロ学習者にとっては運指が容易なため弾きやすい曲です。下記の6曲で構成されています。
1.前奏曲(Prelude)…4/4拍子。伸びやかな冒頭部から次第に激しさを増して終わる。全曲中でも最もよく知られる曲。
2.アルマンド(Allemande)…安らいで落ち着きのある曲。
3.クーラント(Courante)…急速に走り続ける3拍子の舞曲。
4.サラバンド(Sarabande)
5.メヌエット第1・第2 (Menuetto 1&2)
6.ジーグ(Gigue)…快速テンポの舞曲。

 映像は、ラトビア出身の世界的チェロ奏者であるミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky, 1948- )による第1曲「プレリュード」及び第3曲「クーラント」の演奏です。

 

 
【おすすめ!】
 バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(試聴可能)
 スペイン出身で20世紀最高のチェロ奏者、パブロ・カザルスによる全曲演奏のCD。単純な練習曲として長らく忘れ去られていた「無伴奏チェロ組曲」はカザルスによって再発掘され、チェリストの聖典的な作品と見なされるようになった。
 バッハ 無伴奏チェロ組曲(全曲) モーリス・ジャンドロン 校訂
 全曲収録の楽譜。
 J.S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV 1007 - I. Prelude(試聴可能)
 MP3ダウンロード。マリア・クリーゲルによる演奏。

[PR]
by asapykadan | 2012-03-31 13:41 | 独奏曲
 歌劇「ポントの王ミトリダーテ」(Mitridate, re di Ponto)は、オーストリアの作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756-1791)の作品です。
 神童モーツァルトはこのオペラを、イタリア旅行中の1770年、わずか14歳の時に書き上げました。初演はミラノでモーツァルト自身の指揮によって行われ、大成功を収めたと言われています。

 舞台は古代ギリシャの黒海沿岸に実在したポント国で、侵攻してくるローマと戦いつづけた国王ミトリダーテ・エウパトール6世(紀元前132-63年頃)が主人公です。
【あらすじ】
 国王ミトリダーテは、若い許嫁のアスパージアを2人の息子ファルナーチェとシーファレに託して出征するが、息子達を試すために自分が戦死したという噂を流す。
 兄ファルナーチェはアスパージアに結婚を迫るが拒否され、ローマにそそのかされて謀反を企て、父に忠誠を尽くそうとする弟シーファレと対立する。
 国王ミトリダーテは長男の裏切りを怒り、またシーファレこそ許嫁の恋する相手と知る。
 シーファレは父を助けようと出陣、負傷した王は彼の忠誠に王位とアスパージアを与え、長男をも許して息を引き取る。

 本日は、全3幕のこのオペラから、第1幕第9場のファルナーチェのアリア「執念深い父がやってきて」(Venga pur, minacci e frema)をご紹介します。ファルナーチェがローマの護民官マルツィオと共謀して父への反逆を画策する時に歌う、壮大なアリアです。
Venga pur, minacci e frema   執念深い父がやってきて
l'implacabil genitore,        脅し怒りに震えるがよい。  
al suo sdegno , al suo furore  父の侮辱と怒りに
questo cor non cederà.      私の心は屈服しないだろう。
Roma in me rispetti e tema   父は残酷さを控え、厳しさを控えて、
men feroce e men severo,    私のようにローマに敬意を払うべきだ。
più barbaro, o più fiero      さもなければ、父の怒りが私を
l'ira sua mi renderà.        より残忍に、より尊大にするだけだ。

 このアリアは、作曲当時は男性のアルト・カストラートによって歌われていましたが、現在では女性のメゾソプラノ、または男性のカウンターテナーによって歌われています。

 映像は、スウェーデンのメゾソプラノ歌手クリスティーナ・ハマルストレム(Kristina Hammarstrom)による歌唱の録音です。

  
【おすすめ!】
 モーツァルト:歌劇《ポントの王ミトリダーテ》 [DVD]
 2006年のザルツブルク音楽祭で「最も充実した公演」と賞された、マルク・ミンコフスキ指揮による歌劇「ポントの王ミトリダーテ」。
 モーツァルト : 歌劇「ポントの王ミトリダーテ」全曲
 1998年収録の3枚組CD。クリストフ・ルセ指揮。
 オンブラ・マイ・フ/アンドレアス・ショル(試聴可能)
 ドイツのカウンターテナー、アンドレアス・ショルのアルバム。「執念深い父がやってきて」「オンブラ・マイ・フ」など、有名アリアを全14曲収録。
 Mitridate, Ré Di Ponto - "Venga Pur, Minacci E Frema" - Farnace's Aria, Act 1(試聴可能)。
 MP3ダウンロード。ドイツのカウンターテナー、ヨッヘン・コヴァルスキー(Jochen Kowalski, 1954- )による歌唱の録音。

[PR]
by asapykadan | 2012-03-10 23:44 | オペラ・アリア
 ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauss II、1825-1899)は、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家です。同じく作曲家だった父親のヨハン・シュトラウス1世(1825-1899)の確立したウィンナ・ワルツをさらに洗練させ、芸術性を盛り込んだ500近いワルツを作曲し、「ワルツ王」と呼ばれました。

 本日は、彼の代表的なワルツ作品である「美しく青きドナウ」(An der schönen blauen Donau)をお送りします。
 
 1866年、オーストリアとプロイセンの間に「普墺戦争」が起こり、オーストリアは大敗し、領土の一部割譲を余儀なくされました(この結果、ドイツ統一はオーストリアを除外してプロイセンを中心に進められることとなります)。
 負傷者を大勢乗せて帰ってくる軍用列車が到着する度に、ウィーン市民は失望の底に沈みました。そのようなウィーン市民を慰めるべく、この曲が作曲されました。
 当初は合唱曲として作曲されましたが、1867年2月の初演では不評に終わりました。半年後、パリ万国博に招かれたシュトラウスはこれを管弦楽曲に編曲して再演、大好評を博しました。この曲とともに、あたかもドナウ川の豊かな流れのように、ウィーンには陽気が戻ってきました。
 このようないきさつから、この曲はオーストリアの第二の国歌とまで呼ばれています。非常に有名で人気が高く、ワルツの代名詞的な曲として広く親しまれています。

 曲は弦楽器のトレモロに乗ってホルンが静かに主題旋律を奏し、ドナウ川の源流(ドナウエッシンゲンにある「ドナウの泉」)と黒い森の情景が描かれます。次第にワルツに発展し、有名な主題部となります。演奏時間は約10分です。

 映像は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の2011年ニュー・イヤー・コンサートにおける演奏です。指揮者はオーストリア人のフランツ・ウェルザー=メスト(Franz Welser-Möst, 1960- )。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ニューイヤー・コンサート2007(試聴可能)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の2007年ニュー・イヤー・コンサートのライブ録音。2枚組CDで、「美しく青きドナウ」など19曲を収録。指揮者はインド出身のズービン・メータ。
 美しく青きドナウ~ウィーン・フィル・シュトラウス・コンサート(試聴可能)
 カラヤンら3人の往年の名指揮者たちと、ウィーン・フィルの組み合わせによるウィンナ・ワルツのオムニバスCD。「美しく青きドナウ」「皇帝円舞曲」など、ヨハン・シュトラウス1世&2世の有名ワルツ11曲を収録。
 ヨハン・シュトラウスII世:ワルツ「美しく青きドナウ」 Op.314(試聴可能)
 MP3ダウンロード。スロヴァキア放送交響楽団による演奏。
 OGTー49 ヨハン・シュトラウス 円舞曲「美しく青きドナウ」
 「美しく青きドナウ」の総譜(スコア)。堀内敬三解説。

[PR]
by asapykadan | 2012-03-03 20:58 | 管弦楽曲