ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

はすの花(シューマン)

 本日は、ドイツ歌曲「はすの花」(Die Lotosblume)をお送りします。

 ドイツのロマン派音楽を代表する作曲家、ロベルト・アレクサンダー・シューマン(Robert Alexander Schumann, 1810-1856)の作品です。シューマンは妻クララと結婚する前まではピアノ曲ばかりを作曲していましたが、結婚した1840年には歌曲に熱中し、「詩人の恋」「リーダークライス」などの代表的な歌曲集を続々と作曲しました。
 歌曲集「ミルテの花」(Myrthen)もこの頃の作品で、全26曲から成り、第7曲が「はすの花」です。歌詞はハイネの詩から採られ、愛と夢に満ちた美しい曲です。
Die Lotusblume ängstigt      はすの花はおそれている
Sich vor der Sonne Pracht,    照り輝く陽の光を
Und mit gesenktem Haupte    そしてうなじを垂れたまま
Erwartet sie träumend die Nacht. 夜の訪れを夢見ている。

Der Mond, der ist ihr Buhle       月ははすの愛する恋人
Er weckt sie mit seinem Licht,     はすは月の光で眼を覚ます
Und ihm entschleiert sie freundlich  そしてはじめてその素顔を
Ihr frommes Blumengesicht.      月に開いてみせる

Sie blüht und glüht und leuchtet,   はすは咲き出で、色づき、かがやきを増し
Und starret stumm in die Höh’;    黙って月を見つめている。
Sie duftet und weinet und zittert   香りを放ち、身を震わせてむせび泣く
Vor Liebe und Liebesweh.       愛するあまり、片思いのあまり。
 映像は、バス(男声の最低音域)歌手のJason Hardyによる歌唱です。録音の音質に若干難がありますが、最低音域の深みある響きが美しい歌唱です。

 

【おすすめCD】
 シューマン:歌曲集 詩人の恋
 20世紀を代表するドイツ歌曲の歌い手、ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウのアルバム。シューマンの代表的な歌曲集「詩人の恋」「リーダークライス」「ミルテの花」の曲を収録。「ミルテの花」からは、「はすの花」ほか「献呈」「自由な心」「くるみの木」などの代表作が選ばれている。
【おすすめ楽譜】
 シューマン歌曲集(2) (中声用)
 シューマンの歌曲集「リーダークライス」「ミルテの花」の曲を収録。全音楽譜出版社刊。

[PR]
by asapykadan | 2013-05-25 13:11 | ドイツ歌曲
 ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(Пётр Ильич Чайковский、Peter Ilyich Tchaikovsky、1840-1893)はロシアの著名な作曲家です。多岐にわたる作品を遺しましたが、とりわけ交響曲やバレエ音楽、協奏曲は現在も人気があります。作風はドイツ・ロマン派音楽の系統をひきつつ、情熱的・感傷的といったスラブ音楽の特性も持ち合わせています。

 本日は、彼の代表作の一つ、ピアノ協奏曲第1番をご紹介します。
 チャイコフスキーは生涯に3曲のピアノ協奏曲を作曲しましたが、第2番・第3番は演奏されることが少ないため、チャイコフスキーのピアノ協奏曲と言えばこの第1番のこととなります。

 この曲は、チャイコフスキーがモスクワ音楽院の教授を務めていた1874年から75年にかけて作曲されました。チャイコフスキーはこの作曲に自信を持って取り組み、モスクワ音楽院の校長であり当時モスクワ最高のピアニストと言われたニコライ・ルビンシテインに献呈するつもりでした。しかしルビンシテインから「無価値で演奏不可能。全面的に作り直すべき」と酷評されたため、代わりにドイツ人の著名なピアニストで指揮者のハンス・フォン・ビューローへ献呈しました。
 ビューローはこの曲に感動し、1875年10月にアメリカのボストンでビューローのピアノ独奏により初演され、大成功を収めます。その後ロシアでも演奏され、最初は酷評していたルビンシテインもこの曲の価値を認め、何度もピアノ独奏を行いました。

 この曲は全3楽章から成り、概ね古典的な協奏曲の形式をとっています。全曲演奏時間は約35分です(第1楽章:20分、第2楽章:8分、第3楽章:7分)。
 非常によく知られる第1楽章の序奏(最初の4分程度)は壮大で何度も繰り返し聴きたくなる旋律ですが、残念ながらこの協奏曲の残りの部分では二度と再現されません。また、この曲は1889年に大幅改訂されており、第1楽章冒頭のピアノによる分厚い和音はこのとき加えられました。

 映像は1975年、アルゼンチン出身のピアニスト、マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich、1941-)の独奏による全3楽章演奏の模様です。指揮はスイス出身のシャルル・デュトワ(Charles Édouard Dutoit、1936-)、オーケストラはスイス・ロマンド管弦楽団。長い曲ですが程よいテンポの演奏で、最後まで飽きずに聴けます。

  
【おすすめ!】
 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(試聴可能)
 ソ連邦ウクライナの残留ドイツ人で20世紀最高のピアニストと謳われたスヴャトスラフ・リヒテル(Sviatoslav Richter、1915-1997)による演奏を収録したCD。指揮はヘルベルト・フォン・カラヤン、管弦楽はウィーン交響楽団。
 スコア チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 (zen-on score)
 スコア(総譜)。園部四郎解説。
 チャイコフスキー ピアノ協奏曲 変ロ短調 解説付 (ピアノライブラリー)
 ピアノ独奏者用楽譜。全音楽譜出版社。
 チャイコフスキイ―カラー版 作曲家の生涯 (新潮文庫―カラー版作曲家の生涯)
 異常に繊細で神経質だった子供の頃、法律学校に学び官僚の道を歩んだ青年時代、そして、作曲家として栄光の頂点に達するまで―。親しみやすい流麗なメロディと抒情で人を惹きつけてやまないチャイコフスキイの音楽の魅力と、謎につつまれた複雑な人間的側面に光を当てた本格的評伝。

[PR]
by asapykadan | 2013-05-12 20:22 | 協奏曲