ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

歌劇「セビリアの理髪師」より“今の歌声は”(ロッシーニ)

 歌劇「セビリアの理髪師」(Il Barbiere di Siviglia)は、イタリアの作曲家・ジョアキーノ・ロッシーニ(Gioachino Rossini, 1792-1868)のオペラの代表作です。1816年にローマにて初演されました。現在でも頻繁に上演される人気作品です。
 
 舞台はスペインのセビリアで、青年貴族アルマヴィーヴァ伯爵が理髪師のフィガロの助けを借りて、恋人ロジーナを手に入れて結婚するという物語です。
 詳細なあらすじ・登場人物はこちらを参照
 本日は、全2幕から成るこのオペラのうち、第1幕第2場のアリア「今の歌声は」(Una voce poco fa)をお送りします。娘ロジーナが、恋する学生リンドーロ(アルマヴィーヴァ伯爵の変装した姿)に宛てた手紙を書いている場面で歌う、切ない恋の歌です。
Una voce poco fa,
qui nel cor mi risuonò;
il mio cor ferito è già,
e Lindor fu che il piagò.・・・。

少し前に聞こえたあのお声は
私の心の中にまで響きわたったわ。
私の心にはもう愛の矢が刺さっているわ。
リンドーロが射当てたからなの・・・。

 映像は、イタリア人のメゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli, 1966- )による歌唱の模様です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 魅惑のオペラ 9 セビリャの理髪師 (小学館DVDBOOK)
 対訳つき解説書とセットになった全幕収録のDVD。日本語字幕あり。オペラの概要を手っ取り早く知ることができる。
 ロッシーニ:歌劇「セビリャの理髪師」全曲(試聴可能)
 「セビリャの理髪師」全曲上演のCD。現代最高のメゾソプラノ歌手、チェチーリア・バルトリが20代前半に録音し「天性のロジーナ!」と評された名盤。
 ポートレイト~メゾ・ソプラノ・アリア集(試聴可能)
 「今の歌声は」など、ヴェッセリーナ・カサロヴァが歌った有名オペラ・アリアを収録したCD。

[PR]
by asapykadan | 2009-01-24 18:43 | オペラ・アリア