ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

アヴェ・マリア(カッチーニ)

 アヴェ・マリア(Ave Maria)は、「マリアに幸あれ」を意味するラテン語です。転じて、この一文に始まるカトリック教会の聖母マリアへの祈祷(天使祝詞)を指します。
 この祈祷のための教会音楽や、祈祷文を歌詞にした声楽作品がたくさんあります。有名なものではグノー(&J.S.バッハ)やヴェルディのものなど。また、シューベルトの曲のように、元は世俗曲でしたが後に「アヴェ・マリア」として通用するようになったものもあります。

 本日お送りするアヴェ・マリアは、イタリアの作曲家ジュリオ・カッチーニ(Giulio Caccini, 1545頃-1618)の作とされるものです。歌詞はただ“Ave Maria”を繰り返すだけで、非常に単純で親しみやすい歌です。
 しかしこの曲、録音も楽譜も1990年代前半まで全く知られていなかったにもかかわらず、90年代後半に突如大ブレークし、世界中で知られるようになったという奇妙な作品です。曲の様式も、カッチーニの生きたバロック時代のものとは全く異なります。
 現在ではこの曲はカッチーニの作ではなく、ソ連の音楽家ウラディーミル・ヴァヴィロフ(Vladimir Vavilov 1925-73)が自作を古典作曲家の名前を借りて発表したものとする説が有力です。

 映像は、ベラルーシ出身のカウンターテナー、スラヴァ(SLAVA、Слава、1964-)による歌唱です。彼の録音によって、この曲は世界中で一躍有名となりました。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ave maria
 カッチーニほかグノー&バッハ、ヴェルディ、シューベルトなど、12人の作曲家によるAve Mariaを歌ったスラヴァのソロCD。スラヴァの日本におけるデビューアルバムで30万枚を超えたヒット作。
 ピアノ&コーラスピース アヴェマリア/カッチーニ (ピアノ&コーラス・ピース)
 人気曲であるカッチーニ「アヴェ・マリア」の楽譜。アカペラ混声四部合唱・独唱ピアノ伴奏・ピアノ独奏の各バージョンの楽譜を収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-02-23 21:33 | イタリア歌曲