ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

歌劇「カルメン」より“第1幕への前奏曲”(ビゼー)

 「カルメン」(Carmen)は、フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼー(1838-1875)の、フランス語のオペラ作品です。
 原作はプロスペル・メリメの小説『カルメン』です。1820年頃のスペインのセビリャを舞台とし、煙草工場で働く奔放なジプシーの女工カルメンと、衛兵の伍長ドン・ホセとの恋愛葛藤の悲劇を描いています。
 詳細な登場人物・あらすじはこちら

 このオペラはヒロインの声域をそれまでに一般的だったソプラノではなくメゾソプラノに設定しました。また、音楽(歌)の間を台詞でつないでいくオペラ・コミック様式で書かれていることも特徴の1つです。1875年にパリで初演されましたが、ヒロインが女性労働者だったこともあり失敗に終わりました。
 ビゼーは初演から間もなく死去しましたが、その後フランスの作曲家エルネスト・ギローにより台詞をレチタティーヴォ(「叙唱」:オペラにおいて感情の独白や状況説明などのために歌われる曲。多くの場合、アリアなどの旋律的な曲の間や前に置かれる)に改作されて上演され、人気を博すようになりました。現在では、フランスオペラの代表作として世界的人気を誇っています。

 本日は、全4幕のこのオペラ作品の中から、「第1幕への前奏曲」をお送りします。この作品の中でも最も人気のある曲で、独立した管弦楽曲として演奏される機会も多く、テレビ番組やCMなどでもよく使われます。誰でも一度は聴いたことのある曲でしょう。

 映像は1982年、ヘルベルト・フォン・カラヤンの指揮によりベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏した録音です。

  

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめ!】
 ビゼー:歌劇≪カルメン≫ウィーン国立歌劇場1978年 [DVD]
 1978年12月9日、ウィーン国立歌劇場で上演されたビゼーの《カルメン》をオーストリア放送協会が収録した貴重な映像記録。クライバー指揮、ドン・ホセにドミンゴを迎えた伝説の《カルメン》。
 ビゼー:歌劇「カルメン」全曲(試聴可能)
 ジョルジュ・プレートル指揮、パリ国立歌劇場管弦楽団。カルメンを歌うのは20世紀最高のソプラノ歌手マリア・カラス。

[PR]
by asapykadan | 2009-04-11 17:56 | 管弦楽曲