ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

野ばら(ウェルナー)

 2009年4月18日記事で、ゲーテ作詞・シューベルト作曲のドイツ歌曲「野ばら」(Heideröslein)をお送りしました。
Sah ein Knab’ ein Röslein stehn,
Röslein auf der Heiden,
War so jung und morgenschön,
Lief er schnell, es nah zu sehn,
Sah’s mit vielen Freuden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden・・・。
  少年が小さなばらを見つけた 野に咲く小さなばら
  みずみずしく さわやかで美しかった
  間近で見ようと駆け寄って 嬉しさいっぱいで見とれた
  小さなバラ 小さな赤いバラ 野に咲く小さなバラ・・・。

 本日は、同じ詩にドイツの音楽教師だったハインリッヒ・ウェルナー(Heinrich Werner,1800-1833)が1829年に曲を付けたものをお送りします。
 この曲は、様々な作曲家が曲を付けたゲーテの「野ばら」の中でも、シューベルトの作品と並んで有名です。軽く跳ねるようなシューベルトの曲に対し、ウェルナーのこの曲は静かに流れるような旋律です。
 日本でも、明治時代から音楽の教科書に取り上げられて人々に親しまれています。 近藤朔風(こんどう・ さくふう、1880-1915)による、「童(わらべ)は見たり 野なかの薔薇(ばら) 清らに咲ける その色愛(め)でつ・・・」という清々しい日本語訳詞は、誰でも一度は見聞きしたことがあるでしょう。

 映像は2010年のもので、Vocalensemble der Helmstedter Chor und Singschuleによるライヴ録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ウィーンの森の物語 / ウィーン少年合唱団(試聴可能)
 ウィーン少年合唱団による、「野ばら(ウェルナー作曲)」「ます(シューベルト)」「流浪の民(シューマン)」など、ドイツ歌曲の名曲歌唱を23曲収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-05-09 13:06 | ドイツ歌曲