ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

万霊節(R・シュトラウス)

 本日は、ドイツ歌曲「万霊節」(Allerseelen)をお送りします。

 ドイツの後期ロマン派を代表する作曲家、リヒャルト・シュトラウス(Richard Strauss, 1864-1949)の作品です。歌曲集「8つの歌」の第8曲で、男が亡き恋人の墓の前で物思いにふける様子を歌ったものです。歌詞は19世紀オーストリアの詩人ヘルマン・フォン・ギルムの作。

 「万霊節」とは「死者の日」とも呼ばれるキリスト教の祝祭日で、毎年11月2日、全ての死者の魂のために祈りを捧げます。ドイツではこの日、墓に花を飾ります。
Stell auf den Tisch die duftenden Reseden,
Die letzten roten Astern trag herbei,
Und laß uns wieder von der Liebe reden,
Wie einst im Mai.
 テーブルに匂やかな木犀を飾ろう
 最後の赤いアスターもそこに加えよう
 そしてまた愛を語り合おう
 かつての五月のように
Gib mir die Hand,daß ich sie heimlich drücke
Und wenn man's sieht,mir ist es einerlei,
Gib mir nur einen deiner süßen Blicke,
Wie einst im Mai.
 手をこちらに出し、そっと握らせておくれ
 人に見られても気にはしない
 そして美しい眼でじっと見つめておくれ
 かつての五月のように
Es blüht und funkelt heut auf jedem Grabe,
Ein Tag im Jahre ist den Toten frei;
Komm an mein Herz,daß ich dich wieder habe,
Wie einst im Mai.
 今日はどの墓にも匂やかな花が供えてある
 一年に一度、死者がこの世に帰ってくる日
 僕の胸においで、そしてまた抱きしめたい
 かつての五月のように

 映像は、ドイツ・ミュンヘン生まれのテノール歌手ヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)による歌唱の録音です。

 

 ※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ロマンス~米良美一世界の名歌をうたう(試聴可能)
 日本のカウンターテナー米良美一のソロCD。R.シュトラウス「万霊節」ほか、「オンブラ・マイ・フ」「アヴェ・マリア」など、西洋歌曲やオペラアリアの名曲を13曲収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-09-22 13:38 | ドイツ歌曲