ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

歌の翼に(メンデルスゾーン)

 フェリックス・メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn, 1809-1847)は、ドイツ・ロマン派の作曲家です。ドイツ・ハンブルクの富裕な銀行家の一族に生まれました。一家はユダヤ人でしたが、彼の生後にプロテスタントのルター派に改宗しています。
 幼時より音楽的才能を発揮し、17歳で早くも代表作の1つ「弦楽八重奏曲 変ホ長調」(作品20)を作曲しました。短い生涯の間に、劇付随音楽「真夏の夜の夢」をはじめ、5つの交響曲や室内楽曲、ピアノやバイオリンの協奏曲、声楽曲など、非常に多彩な作品を遺しました。
 富裕でありながらプロテスタント的な勤勉を是とする家庭に育った彼の作風は、古典的形式を尊重してさらに洗練していく一方、ロマン的な詩趣も併せ持ったものとなっています。
 作曲以外の重要な業績としては、それまで独立していなかった指揮者という職務を独立させ、指揮法を確立したことが挙げられます。また、当時すでに忘れ去られていた「音楽の父」J.S.バッハの作品を発掘して頻繁に演奏し、その価値を人々に広く知らしめました。

 本日は彼の膨大な作品群の中から、歌曲「歌の翼に」(Auf Flügeln des Gesanges)をお送りします。1836年に作曲された歌曲集「6つの歌」(作品34)の第2曲です。
 メンデルスゾーンは生涯に79曲の独唱歌曲と18曲の重唱を作曲しましたが、この曲が最もよく知られています。詞はドイツの詩人・ハイネの作品で、19世紀の異国趣味を反映しています。曲は美しく静かなメロディーで、ロマンティックなムードに溢れています。
Auf Flügeln des Gesanges,
Herzliebchen, trag ich dich fort,
Fort nach den Fluren des Ganges,
Dort weiß ich den schönsten Ort.
 歌の翼にのせて
 恋人よ、きみを連れて行こう
 遠くガンジス川のほとりまで
 そこにはとても素敵な場所があるのだ。
Dort liegt ein rotblühender Garten
Im stillen Mondenschein;
Die Lotosblumen erwarten
Ihr trautes Schwesterlein.
 その花園にはあかく燃える花々が
 静かな月の光の中で咲き誇っている
 はすの花がきみを待っているのだ
 そのなつかしい妹であるきみを
(以下原詞略)
 すみれはくすくす笑ったり、ふざけあったり、
 また夜の星々を見上げたりしている
 ばらはひそかに語り合っている
 おとぎ話を香りにのせて

 するとカモシカが跳びはねてきて
 おとなしく、かしこそうに耳をそばだてる
 そして遠くにせせらぎの音が聞こえる。
 聖なる河の流れる音が

 あそこへ行って腰を下ろそう
 あの棕櫚の木陰に
 そして愛と憩いに身をゆだね、美しい夢を見よう。

 映像は、ドイツのテノール歌手、ペーター・シュライアー(Peter Schreier, 1935-)による歌唱の録音です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 歌の翼に/世界の名歌集(試聴可能)
 ヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」をはじめ、「歌の翼に」「シューベルトの子守歌」など、有名歌曲を18曲収録。入門者に最適の1枚。
 歌の翼に~メンデルスゾーン:歌曲集(試聴可能)
 シュライアーがメンデルスゾーンの歌曲を歌ったソロCD。「歌の翼に」ほか、「春の歌」「ヴェネツィアのゴンドラの唄」など、全22曲。
【おすすめ楽譜】
 最新世界名歌曲選集 ドイツ歌曲名歌集(1) (原調版) (最新・世界名歌曲選集)
 ドイツ歌曲の初学習者向け独唱用楽譜。古典派のモーツァルトからロマン派のシューベルト、シューマン、ブラームスなど、近代・現代のR.シュトラウスまで時代を追って選曲。「歌の翼に」ほか、「クローエに」「野ばら」など有名歌曲を収録。

[PR]
by asapykadan | 2009-10-07 22:15 | ドイツ歌曲