ブログ番組「クラシック名曲アルバム」

meikyoku.exblog.jp

2009年元日開局。Youtubeにあるクラシック音楽の動画・録音を紹介。1日1曲、短くて聴きやすい名曲をお楽しみ下さい。

ブログトップ

オラトリオ「メサイア」より“こうして主の栄光が現れ”(ヘンデル)

 「メサイア」(Messiah)は、ドイツ生まれのイギリスの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Händel、1685-1759)により作曲されたオラトリオです。1742年4月にアイルランドのダブリンで、ヘンデル自身の指揮により初演されました。
 初演当初から聴衆に大好評で、当時の新聞は「これまで聴いた音楽の中で最も素晴らしい作品」と絶賛しています。日本でも大変人気のある曲で、特に第2部最後の「ハレルヤ」(Hallelujah)は、“ハレルヤコーラス”としてよく知られています。

 題名の「メサイア」とは、ユダヤ人を解放する救世主(メシア)のことです。聖書で語られた救世主イエス・キリストの生涯を題材とし、アリア・重唱・合唱の曲で構成されています。以下の3部、全50曲から成り、全曲演奏時間は約2時間半です。
第1部:救世主イエス・キリストの誕生の告知。降誕とその生涯。
第2部:キリストの受難による救済の成就。人間による拒絶。救世主の勝利。
第3部:死の超克に対する感謝の賛歌

 2009年12月20日記事では、この大曲の中から、第1部第12曲の「一人のみどりごが我らのために生まれた」(For unto us a child is born)をご紹介しました。
 本日は、第1部第4曲の「こうして主の栄光が現れ」(And the glory of the Lord)をお送りします。歌詞は旧約聖書の「イザヤ書」第40章5節から採られました。
 救世主到来の預言の前段として、「エルサレムの民の苦難は終わり、慰めが与えられる。険しい山や谷は、なだらかな平地となる」という預言がこの曲の前の第2~3曲で歌われます。それを受けて「このようにして主の栄光が現れる」と結ぶのがこの第4曲です。幸福を保証する、晴れやかな喜びの合唱です。
And the glory, the glory of the Lord shall be revealed.
And all flesh shall see it together,
for the mouth of the Lord hath spoken it.
 こうして主の栄光が現れ、
 人は皆、ともにこれを見る。
 このことが、主の口から語られたのである。

 映像は、カナダのBow Valley Chorusによる演奏の模様です。程良いテンポの、簡潔な演奏です。

 

※今日の曲が気に入ったら投票!願います。
【おすすめCD】
 ヘンデル:オラトリオ「メサイア」(試聴可能)
 サー・ゲオルグ・ショルティ指揮&シカゴ交響楽団による、「メサイア」全曲演奏のCD。ソプラノ独唱はキリ・テ・カナワ。
【おすすめ書籍】
 No.142 ヘンデル メサイア
 「メサイア」のスコア(総譜)。
 「メサイヤ」ハンドブック 発音・文法・解釈・日本語訳・バージョン
 「メサイア」の英語について解説。一曲ずつの歌詞対訳、発音の手引き、注釈、原典聖書等をわかりやすく掲載した、演奏と鑑賞のために非常に有効な手引書。
 〈メサイア〉は何を歌うのか―その魅力と醍醐味
 「メサイア」の聖書的理解と音楽的理解の両面から解き明かした、優れた解説書。
 原初バブルと≪メサイア≫伝説―ヘンデルと幻の黄金時代―
 ヘンデルはなぜ、華やかなイタリア語オペラを捨て、地味な英語オラトリオに転向したのか? 音楽史上の謎を、社会経済史的視点から解き明かす力作。

[PR]
by asapykadan | 2010-12-16 22:39 | その他声楽曲・歌曲